花まるSTORY

子どもの本質がつまった事例が満載!
心あたたまる「ストーリー」をお楽しみください

 新着記事

【西郡コラム】『やり抜く力』 2018年12月

教育哲学

2018-12-03 22:49

自分の限界を破り、可能性の領域を広げるためには、やり抜いた経験の蓄積が必要だ。 西郡学習道場では、毎月一度、日曜日の朝から夕方まで8時間の長時間学習をする道場特訓を行う。 一ヶ月の学習内容の復習を中心に、回によっては漢字特訓だけ8時間など、徹底的に特訓するということもある。

【松島コラム】​​​​​​​『エドテック(EdTech)』2018年12月

教育哲学

2018-12-03 22:41

一年は早いもので今年の流行語大賞の時期になりました。 教育界の今年の流行語と言えば、「エドテック(EdTech)」です。 エドテックとは、Education(教育)とTechnology(技術)の造語で、教育分野でテクノロジーを使ってイノベーションを起こすビジネス、サービス、ベンチャー企業などの総称をいいます。

【Rinコラム】『ユーモアは日常の中のアート』2018年12月

教育哲学

2018-12-03 19:33

ひょうきんな自分、というものは誰の中にも存在します。 それは誰かを笑わせたい、喜ばせたい、驚かせたい…というような、相手が幸せであることに喜びを感じる、社会的な生き物である人間の、根源的な欲求です。

【高濱コラム】『恋愛への道』2018年12月

教育哲学

2018-12-03 15:19

御茶ノ水駅前に、お茶の水教育カレッジという場を創設しました。 コンセプトは「大人の教育学部」。 子育てを学びたい親、保護者対応などを含めた現場実学を学びたい先生方、経営や語学や心理など第二の学びを得たい大学生・社会人など、様々な学びの要求に応えられることを目指しています。

おおらかなお母さんが、子どもを健やかにする。もう夫にイライラしない方法

花まる子育てメソッド

2018-12-03 15:01

お母さんがイライラしていると、子どもも不安になります。けどそのイライラの原因って、夫が多いのでは…?でも大丈夫!考え方を変えるだけで、もっと穏やかにいられますよ。

【高濱コラム】『「行きたくない」は教育のチャンス』2014年11月

教育哲学

2018-11-27 08:50

1年生の男の子R君。 9月第一回目の授業では、真っ白な作文用紙を前に、問いかけへの反応もないくらい固まってしまい、テーブルの講師も困っています。 こういうときの方針は明確です。

作文|「作文コンテスト」を各教室で開催しました!

花まるっ子たちの奮闘記

2018-11-26 00:01

年に一度の特別授業「作文コンテスト」を行いました! 一生懸命、原稿用紙に向き合い、自分のことばを紡ぐ子どもたち。今年も様々な心が言葉に、そして文章になりました。

【Rinコラム】『より立派に』2018年11月

教育哲学

2018-11-19 19:59

逆上がり・漢字を覚える・計算の力・ピアノや歌、水泳やサッカーの練習…私たちが、何かの力を獲得しようとしたときに、「正しい練習の仕方」というものがあるとしたら、それはなんでしょう? 正しい練習の仕方を、ひとつあげるならば、「できることを、確実にすること」でしょう。

室内|子どもが遊びに没頭できるスペースの作り方

子どもとは

2018-11-19 19:21

「もう!邪魔だからどけてよ!」 リビングの床一面に張り巡らされたオモチャの線路。 家事をするお母さんの通路をふさいでしまっています。 にも関わらず、わが子は「邪魔をしたのはそっちでしょ」と言わんばかりの不満顔・・・。 今回は、家の中で子どもが遊びに没頭できるスペースの作り方をご紹介します。

誰かに認めてほしい時に。お母さん自身の「一人っ子作戦」のススメ

花まる子育てメソッド

2018-11-19 18:53

子育てって、なかなか認められないし、しんどい。承認欲求を満たしたい!疲れた!そんなお母さんに試して欲しいのが「一人っ子作戦」。お母さんも子どもも笑顔になれるその根拠と方法とは…

全301件中 1〜 10件を表示

花まるグループ社員の子育て講演会 各地で開催します!

学習・家庭・発達障害・野外体験など、年間200回以上の講演を全国各地にて実施!
笑って、泣いて、ためになる!そんな講演会・勉強会に参加しませんか?地域や学校で実施しませんか?

Category

keyword