女の子とは

悔しさは見せない。でも負けたくもない!4年生Aちゃんの秘めたる向上心

  • LINEで送る

2017年7月9日、花まる学習会アルゴクラブ塾内公式戦「第6回花まるアルゴカップ」が開催されました。
日々授業で練習している「アルゴゲーム」で競いあい、ただ一人の優勝者を決める大会です。

夏に行う塾内公式戦は、毎年11月に行われるアルゴクラブ全国大会の前哨戦。
過去の全国大会で入賞したことがある4年生のAちゃんは、今回のアルゴカップも気合が入っていました。
それもそのはず、Aちゃんは花まるアルゴカップで2連覇を果たしていて、今回は3連覇がかかっていたのです。

しかし結果は、準決勝敗退。
大会終了後、「悔しかったね」と声をかけたコーチに対して、 
「ううん、今日は私が勝てる日じゃなかったみたい!」
と話していました。 

4年生女子にもなるとここまで切り替えが早いのか、と驚くほどの前向きさ。
ですが、後日お母さんに話を伺うと、Aちゃんの並々ならぬ思いを聞くことができました。

家に帰ってきて、「どうだった?」 とお母さんが聞くと、さっと顔が曇ったそうです。
しかしそこで落ち込むのではなく、すぐにアルゴゲームを出して、どう攻めたら勝てるか考えはじめたAちゃん。 
お母さんによると実は、今回の大会は今までで一番強い気持ちで臨んでいたそうです。

勝ちにこだわり、負けても腐らず、向上心を持ち続けられる。
それは、これまでの練習を楽しみながら積み重ね、勝負に挑んだ成果があり、それがAちゃんの自信につながっているからこそ培われた「向上心」でした。

悔しい!という気持ちは、勝ちたいと願ったからこそ抱かれるものです。
まったく悪い感情ではない。
むしろ表に出したって良い。
それでもAちゃんは悔しさを見せませんでした。

悔しさを感じていないのではなく、自分の中でしっかりと抱え、次につなげる糧としました。誰にも見せない悔しさと向上心。
それがAちゃんの成長を後押ししていくことでしょう。

  • LINEで送る

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる学習会


年中~小学6年生の学習塾。
数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力、野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる野外体験


花まるグループの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたち大自然のなかで遊びつくします。

●スクールFC


花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で「自学ができる子」を育てます。
やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

もっと花まるグループを知る

コメントを残す