コラム

2/18ページ

【花まる教室長コラム】『三十六計逃げるに如かず』白坂海路

 「いじめは乗り越えるものだ」世間の成功者で「いじめ」を経験した人は、過去のその経験に対して、「克服」や「乗り越える」という言葉をよく使います。このような言説から「いじめに立ち向かうことがよい」という価値観が刷り込まれていた私は、いじめの経 […]

【花まる教室長コラム】『観察する』相澤めぐみ

 先週の授業で、事前に拾ってきていただいた落ち葉や木の実を使って制作をしました。子どもたちには画用紙だけを渡し、「落ち葉を貼るときは、セロテープで」というルールだけを伝えてスタート。自由に想像して制作してほしいという思いから、はじめにこちら […]

【花まる教室長コラム】『一生懸命な姿を見ている』谷田川美冬

「ジュワーッ!」油のにおいがしたかと思うと、大皿にたくさんの揚げたての唐揚げやポテトが盛られ、机の上に置かれます。それと同時に取り合いの時間が始まります。自分の手元に大皿から食べ物を移し確保しなければ、その日に食べられるおかずはありません。食事が終わりテレビを見る時間になると、次に始まるのはチャンネル権争いです。「この番組がいい!」「それは嫌だ!」と口論します。

【花まる教室長コラム】『理由がある』牛島みずき

 新入会のYくん。私が近寄ると鬼のような形相で「嫌い!!あっちいけ!」と罵声を浴びせてきました。子どもからそんなことを言われたのは初めてだったので、私はとても驚きました。教室の後ろで様子を見ていたお母さまが、他の子が席に座り授業の準備をして […]

【花まる教室長コラム】『変わりたい』山本吉也

初めて会ったその子の第一印象は、ひねくれている、だった。 「だって私馬鹿だから」が口ぐせの4年生の女の子。 その子の両親も口をそろえて、「うちの子は出来が悪くて」と言う。 小学校のテストはどれも40点台。引き算の繰り下がりも出来ない。だが、私はその子を見て、やる気になった。変わりたいと思っていることがよくわかったからである。

【花まる教室長コラム】『学ぶことはワクワクすること』古川凜

 私には3つ離れた弟がいるのですが、小学生のとき弟に「これ(親切)って何て読むの?」と聞かれました。私は自信満々に「おやぎりだよ!」と答えました。それを聞いていた両親、祖父母は大爆笑。私はみんながなぜ笑っているのか分かりませんでした。のちに […]

【花まる教室長コラム】『笑顔のマトリョーシカ』山崎隆

『たこマン』は小学生低学年コースの中でも人気の教材の一つです。一枚の絵を見てその後の展開、通称「オチ」を考えて発表するもので正解がある問題ではありません。自分の考えをまとめて発表し、みんなを笑わせることが目的です。ある日、クラスの子どもたちが『たこマン』をめぐってこのような会話をしていました。

1 2 18