西郡コラム

【西郡コラム】『振り返る』 2020年9月

  • LINEで送る

新型コロナのある生活が日常となっている。
学習道場ではオンラインでの授業、自学を継続している。
オンラインの利点を最大限に活かした授業を求めていくと同時に、オンラインでは、自宅が即同じ空間で共に学ぶことのできる自学室になる。
自学ができるようになるために、授業を受けている彼ら。
学年が上がるほど、自学の重要性は増す。
試行錯誤を繰り返して自分の自学をつくっていく。

本科コース(小四~六)では、週二回平日に授業を受け、残りの三日はオンラインの自学室に参加できる。
授業の日も、自学の日もHR(ホームルーム)があり、私の話から始まる。

オンラインが始まった当初は、訓話の時間にしていたが、私が諭す一方通行の訓話ではただ聞いているだけの時間。
子どもたち自身が気づかないと、考える力は身につかない。
最近では、こちらから問いかけるようにしている。
「新型コロナに罹らないようにするには、どうしたらいい?」
「オンラインの授業を上手くやるには、どうすればいい?」
「どうして、サボテン(計算)と音読が日課になっていると思う?」
…正解は求めない。こちらからも言わない。
彼らが考える、短くも大切な時間。
“なぜ“という思考回路が根付いていけばいい。

問いかけた後は、音読をする。
母音法、アイウエオの口の形をつくり「あいうえお、いうえおか…」のはっきりとした音を出す。
母音の口の形を意識して、早口言葉、ことわざをスピードアップして音読する。
俳句を一句発音して、その場で覚える。
最後に、四百字程度の文章を一分間音読する。文章は、説明文や物語文から抜粋。
一週間の平日五日間、同じ文章を音読する。
音読スラスラは、読解の基本。
そして、集中力を鍛える。
毎日が肝要、誰でも継続すれば上手くなる。
積み重ねていくと上手くなっている自分を意識するようになる。
だから、自己肯定感が芽生える。
「やれば、何とかなるんじゃないか」これが、生きる力となる。

自学室の退出は自由。
退出する際に、今日の一日を振り返る。
道場では、学習日誌をつけることを日課にしている。
日誌に記述したことを話してもいい、話してから日誌に書いてもいい。
今日、何を学んだか、感じたか、考えたか。
一日を言語化して振り返る。

より多くの生徒の振り返りを私は聞くようにしている。
「あなたたちの今日学んだことをチェックや管理するために、私は聞いているのではありません。
私に話すことで、今日一日を思い浮かべる時間を取ってほしい。
何を学び、考え、感じたか。
例えば、学校で習った漢字が頭の中に蘇りますか。
あなたの頭の中に漢字が浮かんでくるだけでも定着は違います。
今日一日を振り返り、そして言葉にして、私に伝えてください」と。

「学校の一時間目は、何だったかな…」とすっかり忘れている子もいる。
すっかり忘れる子は、自分はすっかり忘れるところがあることをわかればいい。目の前の、今への興味関心や集中が強いから、過去はすぐ消え去る。
「体育の時間、上着を忘れて見学だった」
失敗をさらけ出せる、もっとも印象に残ったことを素直に話す女子もいる。
最も印象に残ったことを素直に話しただけ。
彼女は集中して自学に取り組んでいた。

話しだしに、“なんか“をつけて話そうとする子は、なかなか次の言葉がでてこない。
振り返った映像は頭に浮かぶが、言葉に置き換えられない、もどかしさを知る。
浮かぶ映像は強烈であり、クリアだが、今使える語彙がない。
振り返り、頭の中でしっかりと蘇らせようとすることで、今は十分。
継続していけば、徐々に言葉を獲得していける。
浮かべる想像力、反省的な思考が芽生えていけばいい。
スラスラと今日学んだことを言える子もいる。
スラスラと言葉がでた子は、頭脳の明晰さを感じさせるが、イメージを言葉にしやすいところに収めてしまうと、想像がしぼむ。

振り返りは、一人ひとり違う。
今の子どもの発達段階を示している。
優劣でない。
だから、容易に褒めないようにしている。
私に評価してほしくて、いいところを見せよう、褒められようは、いらない。
一瞬でもいいから、過ぎ去る今日一日を振り返る中で、浮かんでくるものを大切にしてほしい。
振り返ること。
そして、それを言葉にして相手に伝えることが、彼らの成長に大きく貢献すると確信している。


著者|西郡文啓

西郡文啓 1958年生まれ。県立熊本高校卒業。高濱代表とは高校の同級生、以来、小説、絵画、映画、演劇、音楽、哲学等、あらゆるジャンルの芸術、学問を語り合ってきた仲。高濱代表が花まる学習会を設立時に参加。スクールFCの立ち上げを経て、花まるグループ内に「子ども自身が自分の学習に正面から向き合う場」として西郡学習道場を設立する。2015年度より、「地域おこし協力隊」として、武雄市の小学校に常駐。現在「官民一体型学校」として指定を受けた小学校「武雄花まる学園」にて、学校の先生とともに、小学校の中で花まるメソッドを浸透させていくことに尽力中。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる学習会


年中~小学6年生の学習塾。
数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力、野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる野外体験


花まるグループの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたち大自然のなかで遊びつくします。

●スクールFC


花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で「自学ができる子」を育てます。
やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

もっと花まるグループを知る