RINコラム

【Rinコラム】『どこまで手を出していい?』2021年5月

  • LINEで送る

 今回は、Atelier for KIDsに初めて参加した3年生のお母さんからいただいたおたよりにお答えします。

「図工がそもそも苦手で、「上手にできない」「失敗してしまう」と言っています。少しでも苦手意識を変えてほしくて応募しました。質問は、「大人のための6つの約束※」①で「手を出さない」とありますが、「のりじゃなくてセロテープがいいんじゃない?」などの口出しはしてもいいんでしょうか?また、私自身がいいアイディアを思いついたとき、それを子どもに伝えるのはOKですか?」

 教室で私たちが子どもたちを見守るとき、大切にしているのは、その子の「心の状態」です。ぱっと見、手が動いていないように見えていても、じっと考えていることもありますし、懸命に試行錯誤していて、手助けを自ら求めていないときには、「こっちの方が早くできるんじゃない」というような大人の勝手な価値観で、簡単に答えを導くようなことは極力しないように気をつけています。

 なぜなら、その試行錯誤の中にこそ、諦めずに考え続けた結果に、自ら発見した“次の手“にたどり着くプロセスが隠れているかもしれませんし、単純に“諦めずに粘りぬく経験をさせてあげられている“ということもあります。「困った、一緒に考えて欲しい」という視線を感じたときに初めて、私たちの意見を伝えます。

 その子その子の「心の状態を大切にする」というのは、その子の性格や特質や、置かれている状況のことを踏まえる、という意味でもあります。「人に意見を言われることが大嫌い」な子と、「初めての体験で、不安で不安でたまらなく、安心感をまず求めている」子では、かける言葉も、タイミングも、違ってきます。

 ですから、「ノリじゃなくてセロテープが〜?」という言葉は、その子の心の状態によって、言ってあげたほうがいいとき(そのことで自信を得て、よりのびのびと挑戦できるとき)と、いう必要がないとき(つまりそれは、大人側の勝手な価値観で、言うと逆に学びや自由を奪うとき)があることが、見えてきますよね。

 もう一つの質問、「わたし自身がいいアイディアを思いついたとき、それを子どもに伝えるのはOK?」ということについて。これは私がよく授業の中で、子どもたちに提案をするときによく使う言い回しです 笑。

保育園や小学校の授業時に、時々みんながみんなを意識しすぎて、「じゆう」になりきれていないな、誰かが(いい意味で)突飛なアイディアを思いついたり、壁を超えていく“集団の力学“が、いま働いていないな、というときに、「あ、先生いいことを思いついた!」と呟くのです。

 これは、押し付けでも、提案でさえもなく、いち表現者としてその場に存在する「先生の思いつき!」なので、そこからさらに子どもたちがどう受けとっていくのか、ということを、まるで水面に投げた滴の波紋が、どうなっていくのか任せていく、ような気持ちです(決して「私が言ったことを、聞いてないじゃない」というような気持ちではありません)。ですから、言ったことをその子がどう受け取るのか、どう受けとってもいいのだ、という心持ちで伝えるのはOK、ということになりますね。

 子どもに何かを伝えようとするとき、その子の心の状態を見極める、そして、自分の勝手な価値観を押し付けていないだろうか、ということを俯瞰できると、答えが見えてくることがあるかも知れませんね。

 

井岡 由実(Rin)

※「大人のための6つの約束」は、私たちが創作の現場や年中・年長コースの思考実験の際に、子どもたちのありのままを見つめるために大切にしていること」です。詳しく知りたい方は『心と頭を同時に伸ばすAI時代の子育て』第2章をお読みくださいね。

※みなさんからの質問にお答えしている【Rin先生のアトリエRADIO】は、公式YouTubeや各種音声メディアでもお聴きいただけます。

>>>YouTube 「花まる学習会 ARTのとびら」 はこちら


著者|井岡由実(RIN)

井岡由実 国内外での創作・音楽活動や展示を続けながら、 「芸術を通した感性の育成」をテーマに「ARTのとびら」を主宰。教育×ARTの交わるところを世の中に発信し続けている。著書に『こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て』 (実務教育出版)ほか。


『こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て』(実務教育出版) 井岡由実 子どもの学力はテストの結果だけでは測れません。目に見えない能力いわゆる「非認知能力」がどれだけ発達しているのかその子の下支えとなっているのかが大切なポイントです。そして、「非認知能力」の有無は学力だけにとどまらずその子の人生をも左右しかねないほどの影響力を及ぼすのです。 子どもが絵を描いているとき工作をしているときお母さん・お父さんがどんな態度で接するのかどんな言葉をかけるのかでその子の将来が決まるとしたら…。 本書ではお絵かき、工作、手芸など手を動かしながら子どものやる気、忍耐力、好奇心、計画性といった「非認知能力」を伸ばす方法をお伝えします。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる学習会


年中~小学6年生の学習塾。
数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力、野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる野外体験


花まるグループの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたち大自然のなかで遊びつくします。

●スクールFC


花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で「自学ができる子」を育てます。
やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

もっと花まるグループを知る