RINコラム

【Rinコラム】『じかんがきたら、おしまい』2020年9月

  • LINEで送る

子どもたちが夢中になって遊んでいるとします。
もう次の予定が迫っています。
「はい、もう遊ぶのおわり!行くよ!」と言ってみても、気持ちがなかなか切り替えられない……。
こんなことって、よくありますよね。
時間の感覚が大人と違い、未来を見通す力がまだ備わっていない幼児期の子どもたちにとって、突然の「おしまい!」は青天の霹靂なのです。

没頭している「遊び」は彼らにとって、大きな「学び」。
ゾーンに入っていく快感、やり切ったときの達成感は、深い没頭の先にあるものです。
それを、大人の勝手な都合で止めさせたくない。
だからこそ、子どもたちが何かを始める前に「3.じかんがきたら、おしまいです」と伝えるのです。
「人生は有限です。最初からベストを尽くそうと自分で決めて始めてください。そうすると頭と心を切り替えられる人になります」と。

片づけることや、スケジュールを優先して動くことだけにこだわって声かけをしていると、子どもたちはいつでも途中で何かを遮られ、納得いくまで遊びきる体験を知らないままです。
何かを達成できずに、途中でやめる経験ばかりが身についていく。
「いったんひとくぎり」と、自分の力で切り替えられる経験にはならないでしょう。

いつでもどこでも創作活動にいそしんでいた幼児期の私は、ピアノ教室に行くのに、楽譜は忘れてクレヨンと画用紙がなぜか鞄の中に入っているという子でした。
母はピアノを早々に辞めさせ、リビングの片隅に、私が作りかけの何か(お菓子の空き箱や絵の具)が出しっぱなしでも大丈夫なスペースを作ってくれました。
それは、ただ床にピクニックシートを敷いただけの簡単なものでしたが、私はそれで、「途中で手を止めても、後でまた続きができる」ことで安心して「遊びをやめる」ことができたのだと思います。

過集中の私に配慮してか、「あとどのくらいで~に行く時間だよ」と、事前に説明をしてくれる母ではありましたが、
いま考えるとあの工夫は、「片付けをさせなきゃ」というオトナ側のこころも楽になるうえ、
子どもにとっても「やり切っていないのにリセットしなくてもよい」ことで気持ちの切り替えがしやすくなる一石二鳥のやり方だったのだな、と想像できます。
 
それに何より、自分が大切にしていることを尊重してもらえているという事実が、その後の私の支えになりました。
結果として、没頭体験も奪われなかったと感謝しています。

人生、意味あることだけをしたい、というような感性は、本気で没頭した経験のうえに湧き上がってくるものです。
最初から、最後を見据えて、意味ある時間になるように人生をデザインしていく。
子どもたちが、誰のものでもない自分の人生を自分で決めていく人であれますように。

 
井岡 由実(Rin)


著者|井岡由実(RIN)

井岡由実 国内外での創作・音楽活動や展示を続けながら、 「芸術を通した感性の育成」をテーマに「ARTのとびら」を主宰。教育×ARTの交わるところを世の中に発信し続けている。著書に『こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て』 (実務教育出版)ほか。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる学習会


年中~小学6年生の学習塾。
数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力、野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

●花まる野外体験


花まるグループの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたち大自然のなかで遊びつくします。

●スクールFC


花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で「自学ができる子」を育てます。
やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

もっと花まるグループを知る