【西郡コラム】​​​​​​『対峙すること、咀嚼すること』2019年11月


​​​​​​​学習に限らず生活面でも、その子が伸びている(成長している)と確信するのは、物事に対峙できているとき、学習を自分事として捉え向き合っているときだ。

簡単にはいかない。

言葉で指摘しても簡単には変わらない。

根気よく指導し続けて、本人が自覚せざるを得ない状況になったときに変わる。

受験のよさは、変わらざるを得ない状況を作り出すところ。

当事者意識を目覚めさせないと解決できない、合格できない。

受験を経ることで健全な学習法が身につき、心身を鍛えることができる。

身についた学習法は実生活での生きる力の基盤になっていく。

「できない、わからない…このままではいけない、何とかしなくては」と思ったとき、学習を自分事として捉えた第一歩だ。

できない、わからない、この逆境や失敗が学習の出発点になる。


成績のいい子、優等生と言われる子が「小学校のときはよくできたのに」などの冷ややかな声で伸び悩むケースも多い。

大人の顔色を読む子、褒められることを求めすぎる子ほど陥りやすい。

親や先生が求めているものを察することに長けており、他者性もあり、コミュニケーション能力も高い。

先生からの評価が加味される中学の成績の一つ、内申書の評点では高い点数が取れる。

空気の読める子は成績がいいのは当然だ。


ただ、その後、伸び悩むケースも見られる。

小・中学校までは順調に進むことができても、その後の段階で壁にぶつかる。

外からの評価で自分の存在を作ってしまうと、できない自分を人に知られることを怖れ、“できたふり”をするようになる。

できるところは誇らしげにやり、できないところは無意識に避ける。

端的な例がカンニングだ。

カンニングの罪悪を自覚している子はまだいい。

「見ちゃえ、ばれたらしょうがない」と大人とゲームをしている茶目っ気のある子は重症ではない。

無意識に見てしまう子、自分はカンニングをしている自覚がない子は、嘘をついてまでもできている自分を演じようとしてしまう。

ただ、そういう子は優しい子でもある。

外からの評価を崩したくない。

親や先生を悲しませたくないと頑張る。


できない自分と向き合うことができず、できたふりをしてしまう子に対して私たちがすることは、できない自分と直面させることだ。

認めたくない自分を直視し、泣き崩れて、そこから這い上がるしかないという思いが生まれたとき、初めて自分事としての学習に取り組めるようになる。


算数が嫌いなある女の子は、授業で習ったことをすぐ「わかった」と言う。

しかし、それは先生の言ったことがわかっただけ。

人に教えられてわかるということは、自分の実力ではない。

自分でできる、スラスラできたときに初めて基礎が備わったことになる。

道場の学習で最も大切にしているのは、基本の咀嚼だ。

わかりきって、初めて基礎となる。

簡単そうで難しい。

できないことを突きつけられ、苦しくてとうとう泣き出す。

でも逃げられない、立ち向かうしかない、自分でやるしかない。

なりふり構わず、わからず見苦しい自分の醜態をさらけ出してから、ようやく物事と対峙し始める。

解決の糸口はここにある。

やらされているのではなく、彼女自身が自分事として捉え食らいついていく。

苦手だった算数がわかるから、苦手を克服できる。


道場での学習の肝は、学習を自分事と捉える姿勢と基本的な考えの咀嚼だ。

「○○が嫌い、苦手」それでも、受験に向かわせるには逃げずに対峙することと、咀嚼すること(わかりきること)で苦手意識が変えられる。

受験の学習量は多い。

カリキュラムも熟したい。

大概の子どもは大まかに理解して先に進む。

大量の問題をパターンで解くことが得意な子、少なくとも熟せる子はそれでいい。

しかし、できない子ほど咀嚼力が必要だ。

対峙と咀嚼が道場の指導の基本になっている。



西郡学習道場代表 西郡文啓


🌸その他の西郡コラムはこちら

★発売中!『ちゃんと失敗する子の育て方
高濱 正伸/著, 西郡 文啓/著

▶Amazonでのご購入はこちら!

西郡文啓(にしごおり ふみひろ)

西郡文啓(にしごおり ふみひろ)

1958年生まれ。県立熊本高校卒業。高濱代表とは高校の同級生、以来、小説、絵画、映画、演劇、音楽、哲学等、あらゆるジャンルの芸術、学問を語り合ってきた仲。高濱代表が花まる学習会を設立時に参加。スクールFCの立ち上げを経て、花まるグループ内に「子ども自身が自分の学習に正面から向き合う場」として西郡学習道場を設立する。2015年度より、「地域おこし協力隊」として、武雄市の小学校に常駐。現在「官民一体型学校」として指定を受けた小学校「武雄花まる学園」にて、学校の先生とともに、小学校の中で花まるメソッドを浸透させていくことに尽力中。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword