【西郡コラム】​​​​​​『持って生まれた能力を伸ばすため』 2019年10月

​​​​​​​

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子を持つある保護者は、子どもがADHDと診断されて、むしろ気持ちが楽になったという。

授業中に立ち歩いてしまったり、いつも忘れ物をしてしまったりと、我が子が「よその子と違う」ことにずっと苛立ち、悩んだ。

しかし、ADHDという診断で「この子はそういう子なんだ」と受け止めることができ、それ以来、他の子と比べることがなくなった。


「他の子よりできるかできないか」を基準にして子どもを見ると、親は比較という基準に束縛され、視野が狭くなり、苦しむ。

運動が苦手なのであれば、「そういう子なんだ」と、まず認める。ダメな子でも、できない子でもない。学習とは関係がない。

「そういう子」なのだと受け止めることで親の気持ちは変わる。

持って生まれた能力は違う、発達にも差がある。

人とは違うは、生きていけば誰でも経験知でわかってくる。

所詮、人とは違う、違うものを比べても仕方がない。

運動会があれば、順位ではなく、一生懸命走っている姿に目を向ける。

たとえ最下位だったとしても、その子自身は去年より今年のほうが速く走れているはずだ。

伸びない子はいない。なぜ運動するのか。

自分の心身をつくり、鍛えるため、運動することで達成感や爽快感を得るためだ。

そして、やり続ければ誰でも上手くなる。

やり続けて上手くなるようにすることに学習はある。

その子自身を基準にすれば、どんな子でも絶対に伸びている。

その子自身の過去と比べて伸びたところを評価すれば、確かに成長している子どもの実像が見える。

”勉強ができる〞、”スポーツができる〞。

親は子どもが ”できる子〞であってほしいと望む。

しかし、子どもは親を満足させるために存在しているわけではない。

幼く見えても、一人の人間。


子どもに何をさせるか、どう日々を過ごさせるかを親が考えるのは、子どもが自立するためである。

大方の順番として、親が先に死に、子が残る。

親は子どもの老後はみてやれない、子は自分自身で生きていくしかない。

いずれ子ども自身が己を知り、考え、判断して生きる道を選んでいく。

自分で判断して、成功と失敗を重ね経験を積み、自分が生きていく道を探していく。

子どもに「あなたはどう思う?」「あなたはどうしたい?」と問うことが、自分自身で考える習慣を身につける。

子どもは持って生まれた能力を伸ばしていくために学び、持って生まれた能力を生きる力としていく。

子ども自身が感じたことや、思ったことを素直に出せる環境が子どもを伸ばすことにつながる。


当然、私たちがやることは、その子の持って生まれた能力を伸ばすことだ。

音読、サボテン、あさがお、なぞぺー、そして受験学習、すべての学習は、その子の持って生まれた能力を伸ばして、生きる力としていくためにある。



西郡学習道場代表 西郡文啓


🌸その他の西郡コラムはこちら

★発売中!『ちゃんと失敗する子の育て方
高濱 正伸/著, 西郡 文啓/著

▶Amazonでのご購入はこちら!

西郡文啓(にしごおり ふみひろ)

西郡文啓(にしごおり ふみひろ)

1958年生まれ。県立熊本高校卒業。高濱代表とは高校の同級生、以来、小説、絵画、映画、演劇、音楽、哲学等、あらゆるジャンルの芸術、学問を語り合ってきた仲。高濱代表が花まる学習会を設立時に参加。スクールFCの立ち上げを経て、花まるグループ内に「子ども自身が自分の学習に正面から向き合う場」として西郡学習道場を設立する。2015年度より、「地域おこし協力隊」として、武雄市の小学校に常駐。現在「官民一体型学校」として指定を受けた小学校「武雄花まる学園」にて、学校の先生とともに、小学校の中で花まるメソッドを浸透させていくことに尽力中。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword