働くお母さんの子育|思いっきり仕事ができないストレス対処法

「育児と仕事の両立」はプラス思考で乗り切ろう!

「最後までこの仕事を終わらせたい…でも、もうお迎えに行かなくちゃ」

「今日は忙しい日なのに…でも熱がある子を放ってはいけない」

仕事を頑張りたくても中途半端になってしまうし、同僚に迷惑をかけて心苦しい…。

今回は、このような育児と仕事の両立でたまるストレスの対処法をご紹介します。


仕事に没頭できないという悩み

働くお母さんには、なかなか思うように仕事に没頭できないという、仕事の制約についての悩みがつきものです。

あるお母さんが、言っていました。

子どもが生まれてから時短勤務を続けていて、自分が選んでいることだけれど、あとちょっとの成果がでるのに時間が追われて帰れなければならず、能率が上がりきらない。

仕事の精度が落ちている、と。

そして、残業ができない、子どもが病気になったために急に休まなくてはならない……。

働くお母さんの誰もが直面する問題ではないでしょうか。


新しい日本社会を担う「働くお母さん」

私は、会社勤めか自営業かに関わらず、特に、子どものケガ・病気のときや時短勤務を選択している場合は、「申し訳ない」と恐縮せずに、堂々と子どもの元へ帰ってほしいと思います。

それが当たり前にならないと、今後の日本社会は世界で生き残れないですから。

子どものいる人が全員働いている時代は、もうすぐそこまで来ています。

生きとし生けるものは、次世代を育てるために働いています。

子どもがいて働いているお母さんを大事にしなかったら、誰を大事にするのだ、ということです。


「職場」と「家庭」2つの世界をもつ強み

働くお母さんには仕事上の制約はもちろんあるのですが、それをプラスにとらえているママもいます。

そのストレス解消法をご紹介します。

不謹慎かもしれないけど……。

仕事のストレスは、子どものいることで解消。

子どものストレスは仕事をすることで解消。

「なるほど!」と感じました。

働くお母さんは、いわば2つの世界を楽しめるのです。

両方こなすあなたは開拓者。

「○○ちゃんのママ」だけではなく、一個人として評価してもらえるの場があるのは強みでしょう。

フロンティアとしての誇りを持って、みなさんには目の前の道を進んでほしいと思います。



理不尽な子どもに振り回される毎日で身につく寛容さや忍耐力。

まったく共通点のないママとも、子どもを通しておつきあいをすることで高まるコミュニケーション能力。

日々成長する子どもに対応していくことで、お母さんも知らず知らずのうちに成長しています。

ぜひ、育児で仕事ができない時間をマイナスにとらえず、プラス思考で社会に貢献してください!



【おすすめ書籍】

『働くお母さんの子どもを伸ばす育て方』

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword