子ども部屋のお悩み│【戸建て・マンション・賃貸住宅】タイプ別の部屋づくり



間取りから考える子ども部屋の作り方

わが子が自立して家を出ていくとき。

・・・・お母さんの腕の中ですやすや眠る幼いわが子にそんな日が来るなんて、今はまだ想像もつかないでしょう。

しかし、家を有効活用するためには、長期的な視点で計画をたてることが必要です。

今回は【戸建て・マンション・賃貸住宅】タイプ別に、先の先まで考えた子ども部屋の作り方をご紹介します。


子ども部屋は期間限定

間取りを考えるときに「少し先の、大きくなる子ども」をイメージする方は多いと思いますが、先の先をイメージすると・・・子どもは「いずれ自立して家を出ていく存在」であるといえます。

そうなったときに、使われなくなった部屋が二部屋、三部屋できてしまうのであれば、最初から「子ども部屋」をつくらない変動性の高い間取りというのも可能です。

親の家を、子どもに一時貸ししている、というイメージを持つと、また希望の間取りが変わってくるのではないでしょうか。


戸建て:間取りを決められるタイプ

住宅メーカーさんにお話をうかがうと、「これから家を建てる方には、長期耐用の視点で計画すること」をおすすめするとおっしゃっていました。

寝室などプライベートな空間を設けることが多い二階の間取りにおいて、最初から個室に分かれているプランにしがちですが、多く部屋を割り、必要に応じて後から仕切ることができる可能性のある間取りが長期的に見ると無駄のない使い方になるそうです。

部屋数の確保ではなく、「一つの大きな空間をどれだけ多様に使えるか」という考えです。

子どもたちが小さい時は、大きな部屋割りでのびのびと遊び、大きくなってきたら個室に分けるなど、自由に変えることができます。

そして、子どもたちが自立した後は、親の生活スタイルに合わせて、また大きく使ってもよし、個別に使ってもよし。

ゆくゆくはお孫さんの遊ぶ空間として、また大きい空間が必要になることもあるかもしれませんね。


マンション・賃貸住宅:間取りを決められないタイプ

マンションの購入を考えている場合は、間取りは決まっているものが多いです。

ただ、その場合でも、リビングやダイニングの一角を学習コーナーにするなど、コーナーを上手に使い分けることで、空間の変動性を高くすることもできます。

また、リビングに隣接するひと部屋を子ども部屋や共用の学習部屋にするように、空間を自由に使い分け、その時々によって部屋の使い方を変更していくのも上手に住みこなすポイントです。

賃貸住宅の場合は、間取りを自分で決めることはできないにせよ、なるべく大きな部屋のある物件を選ぶことをおすすめします。

両面使いの本棚などの間仕切り家具で空間を分けて活用するなど、工夫次第で間取りを柔軟に変えられることが家族のライフスタイルに合わせて変化する住みやすい家へとつながることでしょう。



家族の成長とともに変動する家づくり、ぜひ参考にしてみてくださいね。




【おすすめ書籍】

🌼『あと伸びする子はこんな家で育つ』



【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

​​​​​​​

相澤 樹(あいざわ たつき)

相澤 樹(あいざわ たつき)

関西ブロック ブロック長。 一番の武器は、部下たちを心から可愛がること。花まる学習会全体のお兄ちゃん役のような存在。とても感性豊かな文章を書くことで、今や若者たちのお手本です。

Category

keyword