読書が好きな子になる!リビングに置きたい「家族の本棚」のつくり方

​​​​​​​

わが子に読書の楽しさを伝えたい!どうしたらいいの?

「本をたくさん読んでほしい!」と意気込んでつくった、わが子専用の本棚。

ベストセラーの本をぎっしり並べたというのに見向きもされず、いつの間にか埃をかぶっている・・・。

これではがっかりしてしまいますよね。

今回は、子どもが自然と本を手に取りたくなるとっておきの本棚のつくり方をご紹介します。


「わが子が本を読まない」とお悩みのお母さんへ

「読書が子どもにとっていい」と感じているお母さんは多いのではないでしょうか。

実際に、伸びる子の特徴の一つとして、ある時期に多読だったというケースがあります。

では、読書をする子は、どうやったら育つのでしょうか?

親が読書をしている姿を見せる、思春期以降に心をぐっとつかまれる本に出会うきっかけをつくるなど、対応は様々あるのですが、その一つに、住まい、空間からアプローチする方法があります。


おすすめは「ファミリーライブラリー」

読書をする子に育てるためには、家の中に本が身近にある状態をつくることが大切です。

子ども専用の本棚をつくることも、子どもにとっては嬉しいことかもしれませんが、本を飾ることがゴールとなり満足してしまうというケースもあります。

そこでおすすめなのが、父母が読む本も一緒にずらりと並んでいる「ファミリーライブラリー」。

つくるときに意識してほしいのは、「書斎」や「本の一室」のような、いわゆる重厚なイメージの書庫とは違い、いつでも目に入るところ、思い立ったらすぐに手にとれるところにつくり、本へのハードルを低くすることです。


「ファミリーライブラリー」をつくる2つのポイント

ポイント1:お母さんが読書をする姿を見せる

子どもは、親御さんがライブラリーから自然と本を手に取って開いて読み、少しの時間没頭する。

そんな何気ない姿をよく見ています。

「いつもお母さんは本を読んでいるときは嬉しそうな顔をしているな。そんなに面白いのかな」と思い始めたら、もう少しで自発的に本に手を伸ばし始めるでしょう。

人に読みなさいと言われるのではなく、読んでみたいと自ら思うことが読書の世界への第一歩です。 


ポイント2:表紙を前に向けておく

「表紙が前を向いている」方が、子どもの視覚に訴えやすく、「この本を読んでみたい」と瞬間的に手を伸ばします。

これは、本屋さんや図書館で子どもたちの動きを見ていると明らかです。

基本的に整然と並んでいる背表紙の本には見向きもせず、やはり対面して目に入る表紙や、平台に置かれているものに目が向かっています。


お母さんの「遊び心」の見せどころ!

実際に「ファミリーライブラリー」に取り組まれたお母さんの例をご紹介します。

リビングのごく一部に表紙を向けて3冊程度並べればいっぱいというくらいの小さな本棚を用意します。

その本棚に「今週の本のコーナー」と名付け、お母さん自身が図書館で見つけた「自分が読みたい児童書」を並べたそうです。

別の例では「今月の一冊」と称して毎月1冊、本屋で買った本(季節に合わせたものが多い)を置き、前月以前のものを階段に表紙が見えるように並べていったそうです。

共通しているのは「読みなさい」とか「読ませよう」という意志がそもそもなかったということ。

第一に私が読みたいから置いておいた。

興味がなければ、それはそれでいいくらいの心持ちで始めたところ、結果として更新されていく本を心待ちにすることが家族の行事になったということです。

インテリアデザインとしても、かわいらしく彩れるというのがお母さんの密かな楽しみだったそうです。

遊び心をくわえて、月ごとにテーマを変えたり、「季節の本」「お父さんのおすすめの本」「お母さんのおすすめの本」などにしたりするのも、子どもたちの関心が続くでしょうし、本を通して会話のきっかけになることもあるでしょう。



わが子に本の楽しさを伝えるために、まずはお母さん自身が楽しみましょう。

家族の成長や興味の移りかわりとともに進化していく、わが家だけの「ファリーライブラリー」。

ぜひお試しください。


【おすすめ書籍】

🌼『あと伸びする子はこんな家で育つ』



相澤 樹(あいざわ たつき)

相澤 樹(あいざわ たつき)

関西ブロック ブロック長。 一番の武器は、部下たちを心から可愛がること。花まる学習会全体のお兄ちゃん役のような存在。とても感性豊かな文章を書くことで、今や若者たちのお手本です。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword