外遊びやスポーツに熱中した時間が育む子どもの能力4つ



好きなことに打ち込んだ時間は決して無駄にならない!

「いってきまーす!」

今日も元気に、わが子はボールを持って家を飛び出して行く。

プロのサッカー選手になる夢が叶えばいいけれど、現実はそんなに甘くないし・・・。

サッカーはほどほどにして、もっと勉強させたほうが将来のためかしら?

今回は、スポーツや外遊びに熱中することで育まれる子どもの能力についてご紹介します。


『外遊び』が育む「究極の頭の良さ」

子どもがサッカーばかり夢中で勉強をしないと、不安に思うお母さんは多いと思います。しかし、「地頭がいい子は『外遊び』で育つ!」というのが私の考えです。

地頭がいいということだけが「勉強ができること」ではありません。

頭の中で、補助線や立体図を想い浮かべることができたり、ものごとの本質や人が言いたいことの要点をつかめたりといった、「見えないものが見える力」を備えていることが、私が考える究極の頭のよさです。

こうした力を育てるのに最適なのが外遊び。

多様なものを体感し、想像する機会は圧倒的に外にありますから、遊びの中で自然と「見えないものを見る力」が育まれるのです。

例えば、かくれんぼをしたときに、どこに隠れれば見つからないか知恵を絞り、鬼は相手が隠れそうなところを想像しながら探します。

虫取りであれば、昆虫が飛んでいく方向を予測して捕まえます。

木に茂っている葉っぱ一つにしても、チクチクしたり、濡れたり、落ちたり、色が変わったり、散ってしまったり、状態の違いや変化を日頃から五感で感じているわけです。

じつは理系分野の歴代ノーベル賞受賞者や、数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞の受賞者は、田舎育ちの人が大半です。


スポーツが育む「見える力」

私はよく講演会でサッカーを外遊びの代表として挙げています。

なぜかというと、サッカーでは「山田くんにパスを出したら、次にスペースに走り込んでいる田中くんに回るはずだから、僕はここにいよう」というように、これから起こることを想定して動くからです。

それはまさに、立体や補助線が頭の中に浮んでいる状態であり、見えないものが見える力そのもの。

見えないものが見える力は、サッカーに限らず、スポーツを極めていくとすごく伸びます

勉強はどこかやらされている感じになってしまいがちですが、スポーツは本人が好きで意欲的に取り組むので、最高に伸びます。

「やらされている」のではなく、「言われなくても自分からやる」というのが大切なのです。

頭のよさの本質的な部分をスポーツマンは身につけています。


熱中する時間が育む「自己管理能力と集中力」

サッカー少年少女の中で、プロになってサッカーでメシが食えるなんて人はごく一握りです。

プロになれなくてもサッカーで身体と精神を鍛え、自己管理ができて仕事に集中して取り組める大人になってほしいですよね。

そのためには、小学校3年生までに、周りの声が聞こえないぐらいサッカーに没頭できているといいでしょう。

大人の言うことだけを聞くのではなく、主体性を持って自分から練習方法を考え、少しでも上手くなりたいからと、一生懸命に打ち込めていれば合格です。

「次はこれをやろう」と大人に言われて、「えー」と言いながら練習をしているようでは受け身な人間に育ってしまいます。

サッカーでなくても構いません。

野球でも、ピアノでも、書道でも親がやらせたいことではなく、子ども自身がやりたいと思う、熱中できるものを持っているのならばいいのです。

それによって、自分で決める、決めたらやりきるという自己管理能力、そして集中力が鍛えられるわけです。



習い事の送迎や月謝で大変な思いをしているお母さんは、結果が出ないとガッカリしてしまうかもしれません。ですが、わが子が好きで熱中しているなら、この4つの能力が同時に育まれているんだ、と信じて気長に応援してあげてくださいね。


【おすすめ書籍】

🌼『その道のプロ18人が断言。サッカーする子は「これ」で伸びる!』​​​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​


【花まる学習会 サッカー教室】

花まるメソッド サッカー教室を開講しました!
▼体験授業受付中!
https://hanaspo.com/

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword