【Rinコラム】『「上手だね」「これは何?」を使わない』2019年7月

​​​​​​​

ある野外ワークショップにて、初めて絵の具を使った2歳の女の子がいました。

彼女は色彩の変化に感動し、色と色を混ぜることで別の色を作りだす実験を繰り返し、さらに絵の具のどろっとした質感を手で触り、五感全部を使うことに集中していました。

「この色も試したくなったんだね」

「すごいね、混ざるとこんな色になったね」

「次はどの色にする?」


私がそんな声かけをしながら見守っていると、お母さんはうれしそうに写真を撮りながら、こう声をかけました。

「それは何なの?」

「何を描いてるの?」

「ぞうさん?うさぎさんなの?」

問いつづけるお母さんに、女の子はぽかんとした表情を浮かべます。


大人は、「具体物を本物そっくりに」描いた「上手な」絵を求めがちですが、子どもはそんなことを目指して描いてはいません。


そのときにやってみたいように手を動かして、感じたままに描いていく。

描く絵が具体物である必要はないのです。

作品は、探求や実験の結果であり、その瞬間のこころが赴くままに表現されたもの。


けれども、もしもお母さんが、「それは何?」と問いかけつづけたとしたら、どうでしょう。


おそらくその子のこころの中に、「何かである必要があるのだろうか?」という疑問が芽生え、お母さんを喜ばせたい生きものである子どもたちは、「お母さんが求める、何か上手なもの」を描かなくてはならない、という価値観に縛られていきます。


大人の考える「上手な」何か。それは、子どもたちから、「自由な表現」を奪ってしまいかねない恐ろしい呪いのようなものになるかもしれないのです。

「作品を(その過程を含めて)おもしろがるこころ」で、「あなたのことを知りたいという気持ち」で、お母さん自身がどう感じたのか、それを言葉にしてあげてください。

子どもたちは、大好きなお母さんに楽しさをわかってもらえたという、うれしい気持ちでいっぱいになるはずです。

『こころと頭を同時に育てるAI時代の子育て』より


井岡 由実(Rin)


▶その他のRinコラムはこちら


【ARTのとびら とは?】

2001年、花まる学習会がまだ小さな塾だったころ、教室で教える傍ら、児童精神科医の故稲垣卓先生とともに、不登校の子どもたちとその家族を支援する相談室Saliを立ち上げました。

家族でのカウンセリングのほか、絵画療法、遊戯療法、箱庭などを用いて子どもたちとセッションを続けます。

ただ聴くだけでなく、一緒に何かを作りながら、内なる対話を通して、子どもたちは疑似的に心の葛藤を体現していきました。描いたり創ったりすることが、彼らの内面を表現することを手助けし、確実に何かを浄化し続けているのだと気がついたのは、このときです。

「Atelier for KIDs」は、そんな想いから出発した、創作を通して自分を表現する、子どもたちに計り知れないパワーを与える創作ワークショップです。

RELLO 由実(Rin)

▶ARTのとびら の理念・実践はこちら



▶ARTのとびら公式サイトはこちら

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

2004年、花まる学習会取締役に就任。 2007年文京区根津にHanamaru Groupの芸術メセナとしてGallery OkarinaBを立ち上げ、同時に本格的な芸術活動をスタートする。 ロンドン、ベルリン、シンガポールなど海外で展示や、親子のための音楽(KARINBA)、語りのライブパフォーマンス(Rin-Bun)など、幼児教育とアートの交わるところを世の中に提示し続けている。 2009年~月1回子どもたちのための創作ワークショップ「Atelier for KIDs」をGallery OkarinaBにて開催。ワークショップ教室に参加する子どもたちや保護者から「りん先生」として親しまれている。 著書に「国語なぞぺ〜」(草思社) 高濱正伸/共著・他がある。 【ARTのとびら公式サイト】http://www.hanamarugroup.jp/art-edu/news.php

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword