【Rinコラム】『じゆうに』2019年6月



Atelier for KIDsでは、小学1年生から中学3年生までの30名ほどの子どもたちと創作ワークショップを開催します。

通常、異学年の子どもたちがこれだけ集まると、「3年生だから」「6年生だから」「下の子の面倒を見なければ」というような意識が生まれます。

それ自体は、教育的にも意義がある集団のダイナミクスと言えるのですが、創作ワークショップの時間にはそれが生まれないのです。


大人たちでさえも、心から子どもたちの作品とともに存在する、共感者であり続けた。

その日の振り返りをしているとき、スタッフの一人が気がつき、みなが納得しました。

あれだけの年齢差のある集団であったのに、いい意味で「全員がフラット」だった、と。

「6年生だから上手」「1年生だからうまくできない」といった差を感じることなく、子どもたちはお互いの作品を認め合っていました。

そして、大人のスタッフも子どもの作品から自らの制作のヒントを得たり、子どもからのアドバイスを受けたりということが自然に起こっていたのです。


正解のないアートの世界だからこそ、「上手にしなければ」という外側からの理想や、「こうあるべき」というような社会的な束縛などから解き放たれ、全員が一人のアーティストとして対等な空間が生まれたのだと感じました。


生み出された作品は、子どもたちの内面が目に見える形となったものです。

それは一人ひとりの今が凝縮された、その人そのものです。

こころが、一つひとつ唯一で世界一のもの。


そして、その人のこころ(作品)を見て、自分のこころが何を感じたのかを表現しあっていくことが、コミュニケーション(鑑賞)です。


1時間の創作タイム中、全員が、全員のこころを認め合う。

そのままの自分であることを、肯定し続けられる時間。

そのことが子どもたちにとって、どれほど重要な意味を持つのか。本当に「じゆうな」表現を許されたときにこそ、子どもたちは真の自分を解放して、力を発揮し、自信を得るのです。
 

井岡 由実(Rin)


▶その他のRinコラムはこちら


【ARTのとびら とは?】

2001年、花まる学習会がまだ小さな塾だったころ、教室で教える傍ら、児童精神科医の故稲垣卓先生とともに、不登校の子どもたちとその家族を支援する相談室Saliを立ち上げました。

家族でのカウンセリングのほか、絵画療法、遊戯療法、箱庭などを用いて子どもたちとセッションを続けます。

ただ聴くだけでなく、一緒に何かを作りながら、内なる対話を通して、子どもたちは疑似的に心の葛藤を体現していきました。描いたり創ったりすることが、彼らの内面を表現することを手助けし、確実に何かを浄化し続けているのだと気がついたのは、このときです。

「Atelier for KIDs」は、そんな想いから出発した、創作を通して自分を表現する、子どもたちに計り知れないパワーを与える創作ワークショップです。

RELLO 由実(Rin)

▶ARTのとびら の理念・実践はこちら



▶ARTのとびら公式サイトはこちら

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

2004年、花まる学習会取締役に就任。 2007年文京区根津にHanamaru Groupの芸術メセナとしてGallery OkarinaBを立ち上げ、同時に本格的な芸術活動をスタートする。 ロンドン、ベルリン、シンガポールなど海外で展示や、親子のための音楽(KARINBA)、語りのライブパフォーマンス(Rin-Bun)など、幼児教育とアートの交わるところを世の中に提示し続けている。 2009年~月1回子どもたちのための創作ワークショップ「Atelier for KIDs」をGallery OkarinaBにて開催。ワークショップ教室に参加する子どもたちや保護者から「りん先生」として親しまれている。 著書に「国語なぞぺ〜」(草思社) 高濱正伸/共著・他がある。 【ARTのとびら公式サイト】http://www.hanamarugroup.jp/art-edu/news.php

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword