【男の子を育てるママへ】「危ないからやめなさい」はダメ!?


男の子って、無謀なことに挑戦しようとしたり、明らかに危険なことをやろうとしたりする子が多いですよね。

例えば、

「友だちが階段の4段目から飛び降りたから、俺は5段目から飛び降りるぞ!」

とか。そこでお母さんが、「危ないからやめなさい」と言っても聞かない・・・。


しかしこの「やめなさい」が、男の子の将来にとって大きなダメージになる場合があります。


危ないことがスキな、”男の子ならでは”の思考はどんなものなのでしょうか?

どういう声かけをしたらいいのでしょうか?

男の子を育てているお母さんに向けて解説します。


男の子は、スリルが大好きな生き物

まず、男の子はオスに育ててあげてください。

「?」と思ったお母さんもいるでしょう。どういうことか説明します。

男とは、いくつになっても危ないことにスリルを感じるし、チャレンジしたいし、危険合戦が大好きな生き物なのです。

普通のお母さんは、そういう行動をする男の子に対して、「あんた、バカじゃないの?」とか、「やめて!」と思うでしょう。

しかし、そこでお母さんの言う通りにすると、その場はいいかもしれませんが、その子の「オス」としてのツノを折ることになるのです。

もちろん、危険なことをどんどんやらせろというわけではありません。しかし、その子の「挑戦したい」という気持ちを大切にしてあげてください。


お母さんの優しさが、逆効果の場合もある

以前、冒険家の三浦雄一郎さんが80歳にして見事エベレストに登頂しました。

男から見たら、単純に「すげー、すげー!」とシビれます。でも女性は現実的なもの。「なんでそこまでして登るの?誰も望んでいないのに」となる人も多いでしょう。

子どもの小さな冒険も、危険なことをしたい気持ちも、基本的には同じです。

でも、女性の平和がいい、上品がいいという感覚が、男のツノを折ってしまうことがある。

お母さんの優しさは、男の子がオスになることを妨げてしまうことがあるのです。


ママの言う通りにする「いい子」は危ない。

オスとして生かしてもらえなかった子どもが、現在の300万とも400万とも言われる引きこもりをつくってきてしまったのです。


スリリングな体験が大好きな男の子。

それを子どもがやろうとしている時、優しさから「やめなさい」と言っているのだとしたら、ちょっと踏みとどまって挑戦させてみるのもいいかもしれません。

お母さんにとって男の子は、わからない部分が多い生き物。

だからこそ、女の子と考えが違う部分を知ることや、「何でも言うことを聞かせる」のではなく、どうするか見守ってあげること。

そうするだけでも、男の子が「オス」としてぐんぐん育つことができるでしょう。


【おすすめ書籍】
🌼『伸び続ける子が育つ! お母さんへの60の言葉』

 ​​​​​​​

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

花まるグループとは?

花まるグループは、子どもたちを「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てる学習塾です。子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる学習会

年中~小学6年生の学習塾。数理的思考力、読解・作文を中心とした国語力野外体験を三本柱として、子どもの本質を見据えた指導を行っています。

花まる野外体験

花まるグル―プの野外体験は、バカンスではなく、ツアーでもない、生きる力を育むスクール。親元を離れ、初めて出会う子どもたちと大自然のなかで遊びつくします。

スクールFC

花まるグループの進学塾部門。思考力・学習法・意識改革の三本柱で、「自学ができる子」を育てます。やらされではない、子どもたちの幸せな受験を全力で応援します。

Category

keyword