子育てに疲れたときの処方箋⑤|夫の愚痴を子どもに漏らすのが危険な理由 


夫の愚痴は、母親の自己カウンセリング

夫がまともに子育てについて話を聞いてくれない。

これはお母さんにとって結構な苦痛ですよね。

そうなると、お母さんは「自らのカウンセリング」として、子どもに夫の愚痴を言いはじめてしまうのです。

「パパ、今日も遅いねえ」「お父さん嘘つきだね、日曜は○○に行くって言ったのに」

こんなふうに、「夫の愚痴を子どもにポロッと言ってしまう」お母さんは、是非この記事を最後まで読んでみてください。


小さいことのように思えますが、これは子どもにも悪影響を与えかねないからです。


無意識に積み重なる家庭へのダメージ

もちろん、お母さんの気持ちに寄り添って考えれば、夫の愚痴がつい出てしまうことは当たり前のことです。

しかし、それがだんだんと習慣化し繰り返された結果、父親が何かすれば「本当にお父さんってダメだね」と、小馬鹿にするような風潮が家庭内にできあがってしまいます。これがかなり異常な状態なのです。

そのような環境下で育った子どもは、大きくなるにつれ、日常の本当に些細なことがきっかけで、父親を自分以下に過小評価します。やがて、家で一番えらいのは自分だと言わんばかりに、暴れてしまうケースも少なくありません。


ちょっとの心がけで、ストレスは減ります

“「夫の愚痴」の影響力は分かったけれど、やっぱりストレスは溜まるし無理!”

そう感じたお母さんに、とっておきの方法があります。

まず一つ目は、「すっきりカード」を使うこと。

すっきりカードとは、お母さんが上機嫌でいられる特別な手段のことです。

全部で5枚ありますが、今回の場合は特に、①の「ママ友」と②の「実母」がおすすめ。

つまり、ママ友か実母に話を聞いてもらう、ということです。ありふれた解決策のように思えますが、実はこれが効果絶大。男性と違い、“共感しあう”ことができるのは女性だからこそ。女同士で話をし、愚痴を言い合うだけで、かなりすっきりできます。


関連記事:

子育てストレス解消法!①お母さんを癒す「すっきりカード」とは?

子育てストレス解消法!②お母さんの支えになる実母パワー

子育てストレス解消法!③子育てから離れる「時間」と「ときめき」が母を救う

子育てストレス解消法!④母親が「趣味」を持つことが大切!


二つ目は、「ご飯一番作戦」です。

これはズバリ、「お父さんにご飯を一番によそってあげる」こと。そんなことで?と思うかもしれませんが、父親は「尊敬されている」ことを少しでも感じると、かなり嬉しい生き物。たったそれだけでも妻への愛情がこみ上げます。

そして同時に、「お父さんってすごいんだよ」ということを、自然と子どもに感じさせることもできるのです。


関連記事:「ごはん」がすべてを変える!?夫婦円満に有効な、たったひとつのこと


必要なのは、日々のちょっとした心がけと、お母さんがため込まないことだけ。お互いを尊重し合い、上機嫌でいることで、夫婦で協力し合いながら子育てを楽しみましょう。




●一人で頑張るお母さんに贈るシリーズ●

子育てに疲れたときの処方箋①|「1人で頑張ること」に疲れたら

子育てに疲れたときの処方箋②|夫が話を聞いてくれないストレスの対処法

子育てに疲れたときの処方箋③|母が外へ出るメリット

子育てに疲れたときの処方箋④|疲れたお母さんが楽になれる4つのコツ

子育てに疲れたときの処方箋⑤|夫の愚痴を子どもに漏らすのが危険な理由 →本記事!


【おすすめ書籍】

🌼弧母社会 母よ、あなたは悪くない!


【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

Category

keyword