【高濱コラム】『「行きたくない」は教育のチャンス』2014年11月



冬が近づき、夜空の星がきれいな季節。

はるかかなたで何億年も前に輝いた光を見ているわけで、人間の営みのスケールとかけ離れた雄大さに、謙虚になる自分がいます。

無数に見える星の中には、生まれたてのものから、青年期の星、壮年期の星、間もなく終わってしまうものまであります。

ちょうど渋谷の雑踏を一枚写真に撮ると、赤ちゃん・子どもから、恋人時代、若夫婦、老人まで、色んな段階の人間が写っているのに、似ています。


何年も子どもたちの現場にいると、同じことを経験します。

子どもはもちろんですが、お母さんとしての色んなステージの悩みを、星々のように見ることができます。

作文が書けないという悩みもその一つです。

花まる学習会では、作文は1年生の夏から書き始めます。

毎年のことですが、この夏明けから秋の間くらい「うちの子作文が全然書けないんです」と悩む方が現れます。

今年もそうでした。

1年生の男の子R君。

9月第一回目の授業では、真っ白な作文用紙を前に、問いかけへの反応もないくらい固まってしまい、テーブルの講師も困っています。


こういうときの方針は明確です。

彼の頭の中は、無人の野原に、独力で堅牢優雅なお城を建てねばならないというような、「立派な作文」という幻影を前に、「無理だ」と硬直している状態です。

完全な誤概念であり、あなたが「見えている」と感じるものはあなたしか見えていないんだよ。

「聞こえるもの」も「浮かんでくる考え」もすべて、実はあなたというフィルターを通してしか聞こえないし浮かんでこないものなんだよ。

ただそれを、素直に書き記せばいいんだよ。

このことを、心から納得させるのです。


もちろん壁はあります。

思い込みの壁。

彼なりに構築した「良い作文」のイメージを、一度破壊しなければならないし、書いてみて褒められて、「え、これでいいんだ」と経験を蓄積し納得する過程が必要です。


その日は、不機嫌な顔で「書けない」「(書くことなんか)無い」ということばかり言って、泣き出してしまいましたが、私が横について、鉄則通り「何をした?」「何が見えた?」と質問することで、口頭で彼の言葉を引き出し、2・3行の文章を書かせました。


それが二週続き、お母さんからは連絡帳で、夏休みの絵日記なども困っていたことや、「花まるに行きたくない」と言い出したことなどが伝えられました。

私にすれば予定通り。

慣れたものです。

過去にはこの段階であっさりやめてしまった方もいました。

教育とは、本人が何らかの壁に当たったときが最大のチャンスなのに、残念なことです。


「行きたくない」は、まさに教育の重要ポイントなのです。

なぜなら、乗り越えるべき課題が明示された証拠だからです。

大抵は経験不足や思い込みで「できない」「きらい」と認識しているだけであり、克服できたときには、「あれ、私は何でこんな簡単なことを、できないって思ってたんだろう」と、あきらめていた自分を滑稽に感じるし、その成功体験は「何でもやればできるんだな」という自信につながります。


R君の場合、良かったのはお母様が、お迎えのときに相談してくださったこと。

そこで一安心されたことが、空気を変えたと思います。

実際連絡帳には「先週相談できて良かった」と書いてありましたし、母がホッとしたことは、すぐR君の心持ちに影響しました。

その日は黙々と一人で5・6行はあるものを、書き上げました。

机間巡視している私が目を合わせて「やったな!」と合図を送ると、ドヤ顔でガッツポーズをしてくれました。


小さいけれどこれがR君のまさに成長。

10月はスラスラと書けるようになりましたし、11月には、連絡帳に「少しずつ文章をたくさん書けるようになっていて嬉しい限りです」とあり、さらに「3日ほど前から、突然『毎日日記を書く』と言い始め、気づけば毎日書いています。

理由を聞くと『思い出になるから』だそうです」とありました。

書いたことを喜んでくれたお母さんを見て、もっと喜ばせたくなったのでしょう。

R君は、もう書くことが大好きな少年になりました。

R君も嬉しい。

私も嬉しい。

相談してくれ、大らかでいてくれた、お母さんに感謝です。



花まる学習会代表 高濱正伸



【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

Category

keyword