【Rinコラム】『より立派に』2018年11月

​​​​​​


逆上がり・漢字を覚える・計算の力・ピアノや歌、水泳やサッカーの練習…私たちが、何かの力を獲得しようとしたときに、「正しい練習の仕方」というものがあるとしたら、それはなんでしょう?

楽しんでやる?

レディネスが整うのを待つ?

ほめて伸ばす?

まずはマナーから?


正しい練習の仕方を、ひとつあげるならば、「できることを、確実にすること」でしょう。

何かができるようになるためには、より多くの訓練、つまり繰り返す、ということは、とても大切です。

しかし、ただたくさんやればいい、ということではありません。

できることを繰り返すこと。

上手なやり方を、たくさんするということです。


失敗を繰り返すのは、実は失敗をする練習をしているのと同じこと。

肝心な時に、失敗をした体験が出てきます。

1ランク落として練習、を繰り返すと、失敗の体験よりも成功体験の方が多いので、本番で150パーセントのことをやらせても大丈夫。

失敗をしないのです。


跳び箱だったら、四段を飛べたら何度も四段を跳ぶ。

もっと上手に。

よりへっちゃらに。

さらに美しく。

「上手さ、立派さ」を追求していく。

どんどん得意になっていく。

そうするとあるところで、六段を跳ぶ力がついてくる。

そのときに、跳ぶのです。

歌も同じです。

上手に、楽しく。

心を込めて、正しい音程で。

「立派さ」を求める方が、早く力を伸ばすことにつながるのです。


人は、一瞬にして前進します。

さっきわからなかったことが、今分かるようになるもの。

だからこそ、「より立派に」を意識してみてください。

(「できたね、ハイじゃあ次はこれできる?」というようなわんこそば練習ではなく。)


「すごいね、さっきよりもうまく書けているよ」「昨日よりも立派にできるね」そうやって声をかけてあげることで、いつも自分が過去よりも成長していると感じられ、他人との比較ではない、自分の中からあふれ出る自信を、内面に築いていくことができるでしょう。


脳は、楽しいと思いながら繰り返したことだけが、伸びていくものなのです。

 

井岡 由実(Rin)



▶その他のRinコラムはこちら


【ARTのとびら とは?】

2001年、花まる学習会がまだ小さな塾だったころ、教室で教える傍ら、児童精神科医の故稲垣卓先生とともに、不登校の子どもたちとその家族を支援する相談室Saliを立ち上げました。

家族でのカウンセリングのほか、絵画療法、遊戯療法、箱庭などを用いて子どもたちとセッションを続けます。

ただ聴くだけでなく、一緒に何かを作りながら、内なる対話を通して、子どもたちは疑似的に心の葛藤を体現していきました。描いたり創ったりすることが、彼らの内面を表現することを手助けし、確実に何かを浄化し続けているのだと気がついたのは、このときです。

「Atelier for KIDs」は、そんな想いから出発した、創作を通して自分を表現する、子どもたちに計り知れないパワーを与える創作ワークショップです。

RELLO 由実(Rin)

▶ARTのとびら の理念・実践はこちら



▶ARTのとびら公式サイトはこちら

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

2004年、花まる学習会取締役に就任。 2007年文京区根津にHanamaru Groupの芸術メセナとしてGallery OkarinaBを立ち上げ、同時に本格的な芸術活動をスタートする。 ロンドン、ベルリン、シンガポールなど海外で展示や、親子のための音楽(KARINBA)、語りのライブパフォーマンス(Rin-Bun)など、幼児教育とアートの交わるところを世の中に提示し続けている。 2009年~月1回子どもたちのための創作ワークショップ「Atelier for KIDs」をGallery OkarinaBにて開催。ワークショップ教室に参加する子どもたちや保護者から「りん先生」として親しまれている。 著書に「国語なぞぺ〜」(草思社) 高濱正伸/共著・他がある。 【ARTのとびら公式サイト】http://www.hanamarugroup.jp/art-edu/news.php

Category

keyword