子育てストレス解消法③|子育てから離れる「時間」と「ときめき」が母を救う

子育て中のお母さんのストレス解消に役立つ「すっきりカード」。

以前の記事で、1枚目の「ママ友」、2枚目の「実の母親」をご紹介してきました。

そして今回は、3枚目と、4枚目のカードをご紹介します。

1枚目と2枚目のカードがなかなか使えないという人や、難しいという人でも使える手段です。


悩みを溜め込むお母さんは、子どもにも悪影響

先に「実の母親」カードの話をしましたが、実母との関係が悪かった人、愛された記憶がないという人もいるでしょう。

実母との関係は非常に根深く、いくつになっても「私は愛されなかった」と根に持っているケースも多いです。

たとえば、私の出会った母親のなかで、常にイライラしているお母さんがいました。

聞けば、実母との関係が悪かったらしく、「あの人に相談してもしょうがない」と言います。愛された記憶がなく、いい母親像も描けないのです。

実母を嫌いながらも、自分がされてイヤだったことをわが子にもしてしまい、自己嫌悪に陥るという悪循環を繰り返していました。


子育てから離れる時間が、お母さんの余裕をつくる

そんなお母さんを救ったカードが、すっきりカードの3枚目である「仕事」でした。

働くことで、母親は社会から認められ、物理的にも子育てから離れる時間ができます。

これが、健やかな、おおらか母さんをつくるのです。

実は、このお母さんの息子さんはいじめにあっており、話をしていくうちに、お母さん自身の実母へのゆがんだ感情に原因があることがわかりました。

しかし、大人になってしまうと実母との関係はそう簡単には改善しにくい。

そこで、お母さんの仕事の時間を長くしてもらいました。

すると、すっかりお母さんのイライラが治って、息子もニコニコになったのです。

あとで聞くと、「仕事をすると忘れられるんです。なまじ時間があるからいろいろ考えてしまって、いろいろ動きたくなってしまう」とのことでした。


「ときめき」があるだけで頑張れる

そして4枚目は、アイドルグループの「嵐」カード。

これはもちろん、「韓流」カードでも「宝塚」カードでも、なんでもいいのです。

要するに、ときめきカードですね。

アイドルグループやトップスターにハマってコンサートに行ったりして、ドキドキワクワクしましょう、ということです。


実は、ママ友、実母、仕事と、どのカードを使ってもすっきりしなかったけれど、某アイドルがいてくれるだけでニコニコ頑張れた、というお母さんはたくさんいました。

すでに夫にはときめかないという人も、ぜひ試してみてください。


子育てから離れる「時間」、そして「ときめき」は、子育てのストレスや悩みを忘れさせてくれる貴重な手段になります。

上手に活用しながらストレス解消して、再び子育てに前向きになれるパワーをもらいましょう。


★シリーズ 子育てストレス解消法!

【1】子育てストレス解消法①|お母さんを癒す「すっきりカード」とは?  

【2】子育てストレス解消法②|お母さんの支えになる実母パワー

【3】子育てストレス解消法③|子育てから離れる「時間」と「ときめき」が母を救う ←本記事はこれ!

【4】子育てストレス解消法④|母親が「趣味」を持つことが大切!


【おすすめ書籍】
🌼『伸び続ける子が育つ! お母さんへの60の言葉』

 


【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

Category

keyword