孤独な子育てに疲れた。頑張りすぎてしまうお母さんへ

「こんなに家で頑張っているのに、特に認められることもない」

「頼れる人も周りにいないし、子育てって孤独」

専業主婦のお母さんや、ひとりで子育てを頑張っているお母さんは、こんな不満や不安を抱えがちです。

それを放っておくのは良くありません。

今回は、「頑張りすぎてしまうお母さん」に向けて、今よりもっと健やかに、自分らしく生きるための方法をひとつご提案します。


ひとりで頑張りすぎると、子どもにも影響してしまう

前に述べたように、子どもの引きこもりも、学力の伸びも「孤独な子育て」と深い関係があります。

実は、いつも子どものことを思い、ひとりで子育てを頑張ろうとするお母さんが一番危ないです。

愛情を注ぐのはいいことなのですが、自分の子しか見えないから、ついつい全部見張ってしまう。

「なんでこんなのもできないの」と言って、やる気の芽をつぶしてしまう。

ほかの子と比べては、「うちの子、大丈夫?」と不安になってしまう…。

お母さんがひとりで子育てを頑張りすぎると、それは悪い意味で子どもにも伝わってしまいます。

子どもを思ってしたはずの言動が、結果的に子どもを傷つけてしまうこともあるのです。


週に1回でいいから、外に出よう

しかし、そんなお母さんが、たとえば週に1回や2回パートに行き始めると、「空気が変わったな」という感じになります。

家庭以外の場所で過ごす時間があると、孤独感からも抜け出せて、リフレッシュもできます。

主婦という仕事は、なかなか認めてもらえないもの。

ごはんをつくって当たり前、掃除をして当たり前、片付けて当たり前。

「頑張ったね」「いい仕事をしたね」というふうに、仕事や学校で必ずあったリアクションがないのです。

だから、より孤独や寂しさに拍車がかかってしまうというわけです。

反対に、働いているお母さんと話していると、同じように悩んではいても健やかな感じを受けます。どこか話しぶりもサバサバとしています。

家庭とは別の場所で認められることで心が安定しているのでしょう。

外で充実した時間をつくることで、「孤独な母」から抜け出せるのです。


まとめ

気づけば閉ざされた空間になっているかもしれないのが「家庭」という環境。

子育て中真っ盛りといえど、家庭や子どものことを四六時中考えるのも疲れてしまいますよね。

週に1度でもいいので、家庭の外での時間を作ってみると、きっとお母さんも楽になるはず。

ぜひ自分のできる範囲で、そういった時間をつくってみてくださいね。



【おすすめ書籍】
🌼『伸び続ける子が育つ! お母さんへの60の言葉』

 


【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

Category

keyword