「優秀な母」でなくていい!?本当の、“理想の母親像”とは?

「ちゃんとしたお母さんでいなくちゃ」

こう思いながら日々奮闘しているお母さんは、きっとたくさんいると思います。


特に、仕事ができる、過去に勉強ができた、など、自身が成績優秀なお母さんであればなおさら、子育てでも「優秀」になろうと張り切ってしまうのではないでしょうか。

しかし頑張りすぎると、それが子どもに対して裏目に出てしまうこともあるのです。

今回は、頑張るお母さんにこそ知ってほしい、母親の子育ての心がまえをご紹介します。


仕事と子育ては、まったくの別物

お医者さんをしているあるお母さんから、一通の手紙をいただきました。

花まるに入会して息子も集中して頑張れるようになり、今ではおおらかなお母さんになれたという感謝のお手紙だったのですが、そこにはお母さんのそれまでの苦悩が赤裸々につづられていました。

2年前、努力をして育ててきたつもりの息子が、1年生になって授業中に行方不明になってしまっていると学校から知らされ、衝撃を受けたとのこと。

勉強以前に息子とどう向き合うかで悩み、きつい言葉を浴びせ、当時は自分をコントロールできないほどになってしまっていたとありました。


優秀で仕事もバリバリこなし、家事と育児とのやりくりも上手にやっているように見えるお母さんでも、子育ては甘くない。

一人の母として子育てに直面してしまえば、「ちゃんと学校でやっているかな」などと次々と心配がこみ上げてきてしまうものなのです。

仕事と違って子育ては思い通りにはいかないですし、「効率よく」「計画した通りに」などという言葉とは無縁の世界です。

 

「デキる母」だからこそ、陥りがちな落とし穴

自分が成績優秀だったお母さんの場合はとくに、無意識に基準が高くなってしまい、子どもにも自分の基準を当てはめてしまいがちです。


たとえば算数で子どもが立ち止まってしまったときに、

「なんでできないの?」

といったきつい言葉を浴びせてしまい、子どもはどんどん自信を失っていく、ということもよく聞く話です。


逆に勉強が苦手だったお母さんの場合、子どもには得意な子になってほしいと願いつつも、つい、

「さっさと終わらせたら、たくさん遊べるよ」「先にイヤなことは片づけちゃいなさい」

などと言ってしまう。無意識に、学ぶことは面白くないのだというニュアンスがにじみ出てしまうのです。

これを続けると、子どものほうでも「勉強はつまらないものなんだ」「面倒くさいものなんだな」と洗脳されていくことになります。


「優秀な母」よりも、「ほほえむ母」に。

講演会などで私はよく、「優秀な母であるよりも、一緒にいて安心できる穏やかな母・ほほえむ母になるほうが大事」ということを強調しています。

安心でき、ほほえむ母であるためには、共感し、気づいてくれる存在が必要です。

その相手は、夫でも、ママ友でも、実母でも、だれでもかまいません。

「これさえあれば、お母さんが安心できる、すっきりする」というカード(切り札)は、多ければ多いほどいいのです。


「優秀なお母さん」になろうと、頑張りすぎる必要はありません。今日からは少しリラックスして、おおらかな笑顔で、子どもと接してあげてくださいね。


【おすすめ書籍】
🌼『伸び続ける子が育つ! お母さんへの60の言葉』



【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

Category

keyword