読む子育て相談室・番外編|男の子ってわからない!母×息子の無理解


こんにちは! 高濱正伸です。

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。算数オリンピック委員会理事。保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30,000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。2016年7月からニュース共有サービス「NewsPicks」のプロピッカー


わからないことが多いけど、母親にとってはとってもかわいい存在、これが息子です。

どこか頼りないから手を出したくなるけど、いつかは子離れしなければなりません。

今回は母と息子の関係のポイントを考えていきます。

お母さんにとって「?」がいっぱいになってしまうのが、息子。

まず、どうしてひとときもじっとしていられないのか。

その半面、自分にとって興味のあるものならアリの行列でも、電車のカードでも一時間でも二時間でも飽きることなく見ていることができる。

こうした不可解な行動は、お母さんをしばしばイライラさせます。

そして、「男の子ってわからない!」と途方にくれてしまうのです。

でも、それもそのはず。

そもそも男と女は別の生き物であって、わかり合えないものなのです。

それは、夫婦間においても言えることではありませんか?

この「わからなさ」は、男の子に対しても同じです。

お母さんからすれば、男の子は「異性」&「子ども」ですから、さらにわからないのは当然。

だから、「息子は自分とはまったく違う生き物なんだ」と思っていればいいのです。

そうすれば、男の子の子育てはずっと楽になるでしょう。

しかし、子育てに一生懸命なお母さんたちは、そうやって気楽に考えることができません。

たとえば、自分に弟がいたり、甥っ子をかわいがったりした経験がある人なら、多少は理解できるかもしれませんが、ほとんどのお母さんは、男の子という存在が未経験。

しかも、同じ男であるお父さんが不在がちで、相談できる人もいない。

こうした状況の中での子育ては、母親の価値観に従った男の子を育ててしまいます。

男というのは、元来、戦いごっこが好きな生き物です。

男の子が「たたかいごっこ」に夢中になるのは、男としての本能でもあるのです。

ところが、男のこうした性質を理解できないお母さんは、「人を傷つけるまねごとなんて…」と否定的に見てしまいます。

ケンカもそう。

「暴力は悪」と教えられて育ったお母さんからしてみれば、「とんでもないこと」なのです。

けれども、男の子同士のケンカというのは、力の戦いであっても、それが終わるとたいてい仲良くなります。

ケンカをして相手を叩けば、相手の肌が赤く腫れるし、自分の手にもイヤな感触が残る。

こうした経験を通じて、人の痛みがわかる子になっていく。

つまり「もめごとはこやし」なのです。

世の中はきれいごとばかりではありません。

子ども社会に、ケンカやいじめなどは「いつもあるもの」なのです。

無理に真理をねじ曲げて「暴力は絶対にダメ」というお母さんの理想論を押しつけても、実際に直面したときに、困るのは息子さんです。

男の子の子育ては、「無理解」で「未経験」のため、お母さんにとっては一筋縄ではいかないことが多いでしょう。

けれども、たいていのお母さんは、なんだかんだ言いながら、異性である男の子がかわいいと思えてしまうのではないでしょうか。

だからつい世話を焼きたくなってしまう。

同じ歳の女の子に比べて、成長が遅い男の子はどこか頼りなく見え、つい口出しをしたり、手を貸してしまいます。

けれども、思春期近くになっても、こうした干渉がいつまでも続いていると、お母さんがいなければ何もできないひ弱な子になってしまいます。

今、世の中で深刻化している引きこもりやニートのほとんどが男性というのは、こうした母と息子の関係が影響を与えているように思えてなりません。

子育ての最終目的は、子どもを自立させることです。

ところが、「母子カプセル」のやさしさの中で育った男の子は、ちょっとうまくいかないことがあっただけで、心がポキッと折れてしまう。

そうならないためにも、「男とはこういう生き物なんだ」「だからこそいろいろな経験をさせるんだ」と一歩引いて、子どもの成長を見守ってあげましょう。


男と女は違う生き物。

だから、お母さんの価値観を押しつけないようにしましょう。

自分との違いを見つけて楽しむぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。




第7回も、どうぞお楽しみに!


【バックナンバー】

第1回:【読む子育て相談室】高濱が、保護者の皆さんの子育ての悩みに答えます!

第2回:【読む子育て相談室Vol.2】姉の生活に弟が振り回されています…!

第3回:【読む子育て相談室Vol.3】うちの子、「やる気」がありません!

第4回:【読む子育て相談室Vol.4】子どもの自信を育む2つのコツを伝授!

第5回:【読む子育て相談室Vol.5】汐見先生特別対談|力のある大人に育つ秘訣

第6回:【読む子育て相談室Vol.6】未就学児を育てるお母さんのお悩みを解決します!

【番外編】高濱正伸からのメッセージ①│孤独な子育てしていませんか?

【番外編】高濱正伸からのメッセージ②│同性だからこそ要注意!母×娘の同一視


▶アプリラジオ『勢太郎の海賊ラジオ』で保護者の皆さんのお悩みに回答中!

ほっこり&面白エピソード紹介など、 様々な企画を行っていく予定です。
ラジオ投稿も募集中!高濱ボイスで回答がほしい人はぜひ投稿してみましょう!


▶『高濱先生の子育て相談室』への投稿はこちら

皆さんのお悩みを、高濱に届けます!


清田 奈甫(きよた なお)

清田 奈甫(きよた なお)

花まる学習会 広報部メンバーの1人。Webページやメルマガなどで、皆さまに様々な情報をお届けしている。

Category

keyword