【番外編】高濱正伸からのメッセージ②│同性だからこそ要注意!母×娘の同一視


こんにちは! 高濱正伸です。

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。算数オリンピック委員会理事。保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30,000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。2016年7月からニュース共有サービス「NewsPicks」のプロピッカー


お母さんにとって娘の存在は、相談相手にも愚痴の話相手にもなる同志のような存在。

ときには、同性だからこそ、厳しい対応をしてしまうことも…。

今回は、”母と娘の関係の問題点”をさぐっていきましょう。

「あなたは私と同じ女だから、この気持ちわかるでしょ?」そんな思いをよりどころに、つい自分と娘を同一視していませんか?

自分の価値感を押しつけて、必要以上にしつけを厳しくしたり、行動を監視したり、というのも母と娘の関係によくあります。

また、お父さんの愚痴につき合わされるのも、たいてい娘。

父親への愚痴を話すお母さんと聞いている娘は、一見仲良し親子のように見えますが、娘にとっては重いだけ。

父親への愚痴を聞かされていくうちに、「お父さんはダメな人」と尊敬の念を持てなくなってしまったり、「結婚ってなんだか大変そうだなあ。女って損だよな」なんて悲観的に思うようになってしまったら…。

また、お母さんの「娘は同性だからわかってくれる」という思い込みは、ときに家族のバランスを崩します。

たとえば、お姉ちゃんと弟のきょうだいの場合、同じことをしてもお姉ちゃんだけをきつく叱ってしまうのはよくあるパターン。

または、下の子ばかりに手をかけ、「お姉ちゃんは放っておいても大丈夫」なんて勝手に思ってはいませんか?

こうしたきょうだいに対しての対応の違いは、実は子どもに深い傷を与えます。

小学生の子どもなら、「お母さんがかまってくれないのは、私が悪い子だからなんだ」とか「お母さんは私のことが嫌いなんだ」と思い込み、悲しんだり、無理にいい子を演じてしまったり、逆にききわけのないことをしたりして、親に自分の存在をアピールすることもあります。

もし、その兆候に気づいたら、早い段階で対応してあげてください。

私がおすすめしているのは、ズバリ、「一人っ子作戦」。

お姉ちゃんだけちょっと遅く寝かせて、ほんの数分でもしっかり抱きしめてあげたり、話を聞いてあげたり。

また、週末、お姉ちゃんだけ連れて買い物に行ってみたり。

親の愛情を一身に受ける一人っ子のような経験をさせて、「私もお母さんから好かれているんだ」ということをしっかり認識させてあげます。

この方法は、とても効果があるので、娘に限らず、きょうだいの誰かが「かまってオーラ」を出しているようなら、やってみてください。

また、母と娘の関係は、娘が思春期になったとき、どう対応を変えていくかが、将来の分かれ道となります。

この時期になると、娘も親から離れ、友達との関係を大切にしたいと思います。

そうした時期にも娘にべったりくっつき、自分と同一視している関係は要注意。娘の自立を阻害してしまうこともあります。

そうならないためにも、お母さんは娘をいつまでも自分の気持ちを分かってくれる分身と思い込むのではなく、1人の女性として認めてあげましょう。

女性は元来、おしゃべりが大好きです。

だからといって、愚痴を聞いてもらうのではなく、同じ女性である先輩として、本音で話してあげませんか。

とくに女の子は恋バナが大好きです。

たとえば「お母さんは、お父さんと結婚する前に三人の男の人と付き合ったのよ。

でも、一番冴えないお父さんが一番やさしかったの」とか、「お父さん、ああ見えて昔はイケメンだったんだから!」といったお母さんのリアルな恋バナは、娘には興味津々のはず。

そうやって、お母さんが本音を話すことで、母と娘の関係は心地よいものに変わっていきます。

そして、娘自身が母親になって、子育てに行き詰ったときに、「お母さん、こういうとき、どうしてた?」と聞かれたら、人生の先輩としてアドバイスをしてあげましょう。


「同性だからわかるでしょ?」はときに娘の心を重くしていることもあります。

無意識に子どもの性別で母親の気持ちが変わってしまうことは、仕方のないことかもしれません。

だからこそしっかり意識して、性差のない、一人のわが子として愛情を注いであげられるようにしましょう。 




第7回も、どうぞお楽しみに!


【バックナンバー】

第1回:【読む子育て相談室】高濱が、保護者の皆さんの子育ての悩みに答えます!

第2回:【読む子育て相談室Vol.2】姉の生活に弟が振り回されています…!

第3回:【読む子育て相談室Vol.3】うちの子、「やる気」がありません!

第4回:【読む子育て相談室Vol.4】子どもの自信を育む2つのコツを伝授!

第5回:【読む子育て相談室Vol.5】汐見先生特別対談|力のある大人に育つ秘訣

第6回:【読む子育て相談室Vol.6】未就学児を育てるお母さんのお悩みを解決します!

【番外編】高濱正伸からのメッセージ①│孤独な子育てしていませんか?


▶アプリラジオ『勢太郎の海賊ラジオ』で保護者の皆さんのお悩みに回答中!

ほっこり&面白エピソード紹介など、 様々な企画を行っていく予定です。
ラジオ投稿も募集中!高濱ボイスで回答がほしい人はぜひ投稿してみましょう!


▶『高濱先生の子育て相談室』への投稿はこちら

皆さんのお悩みを、高濱に届けます!


清田 奈甫(きよた なお)

清田 奈甫(きよた なお)

花まる学習会 広報部メンバーの1人。Webページやメルマガなどで、皆さまに様々な情報をお届けしている。

Category

keyword