夏休みに親子で挑戦!国語で重要な「映像化力」を伸ばすゲーム

 

 

場面思い出しクイズ

 

イメージする力が長文を読み解くポイントにもなります!

 

今回ご紹介するのは、映像化力を鍛える「場面思い出しクイズ」です。
特に低学年のうちは、「文章題ができない」「問題を読めていないのでは…」という不安を抱えている親御さんも多いのではないでしょうか。そんなときに、無理なく楽しみながらお子さんの力を伸ばすことができる、とっておきのゲームです。
 
お子さんが物語文の音読をした後に、書かれていた場面が、どんな内容だったかをクイズとして出します。
たとえば『ごんぎつね』で言うと、
「『ごん』が兵十と加助のあとをついていったとき、兵十の何を踏みながらついていったでしょうか」
答えは…「影法師」です。
 
場面思い出しクイズでは、あらかじめ子どもに「最後にクイズを出すよ」「場面を一つ一つ思い浮かべながら読むことが大切だよと」伝えておきます。低学年の場合、「頭のなかで絵本をつくるといいよ」と伝えるとわかりやすいでしょう。始める前に伝えることで読むことへの集中度も増しますし、文字を追うだけではなく頭の中でイメージしながら読み進めることが少しずつできるようになります。長文読解で欠かせない精読力を鍛えるのにもうってつけです。
 
大人も実際にやってみるとわかりますが、精読力・集中力・映像化力すべてをマックスパワーにしないといけません。映像化できなかった言葉や文章があったら、あとで一緒に辞書調べをしながら話し合ってみると、言葉への理解が深まり、映像化のイメージも膨らんでいきますね。

 

【おすすめ書籍紹介】

『<高濱流>わが子に勉強ぐせをつける親の習慣37』

高濱流 わが子に勉強ぐせをつける親の習慣37

相澤 樹(あいざわ たつき)

相澤 樹(あいざわ たつき)

関西ブロック ブロック長。 一番の武器は、部下たちを心から可愛がること。花まる学習会全体のお兄ちゃん役のような存在。とても感性豊かな文章を書くことで、今や若者たちのお手本です。

Category

keyword

この内容で送信します。よろしいですか?