中学受験│全然かわいそうじゃない!?楽しくてためになる受験勉強

​​​​​​​

みんなが元気に遊びまわっている夏休みに、わが子は日焼けをする間もなく塾通い…。

そんな姿を想像をすると、「小学生なのにかわいそう・・・」とお母さんは中学受験に二の足を踏んでしまいますよね。

ですが、本当にかわいそうなのでしょうか?

今回は、世間のイメージとは異なる「楽しくてためになる中学受験」をご紹介します。



中学受験は楽しくてためになる

「小学生が毎日のように夜遅くまで塾通いなんてかわいそう」

中学受験の一面だけを見てこう言われる方がいます。

ところが、サッカー選手を目指して毎日夜遅くまで、また土日も試合や練習漬けになっている子どもたちを「かわいそう」と言う方は少ないように思います。

どちらも一つの目標に向かって懸命に努力している姿に大きな違いはないと思うのですが…。


実際、かわいそうと言われるほど悲壮感に満ちてスクールFCに通っている生徒はほとんどいません。

なぜなら子どもたちにとって”塾は楽しいところ”だから。

塾では学校とは違う友達ができます。

学校とは違う学習ができます。

楽しい授業をしてくれる先生がいます。

テストによる順位も出ます。

大人から見れば大変そうに見える塾通いや受験勉強も彼らなりに楽しんでいるのです。

もしも塾に通い始めても浮かない顔をしているのなら、それには必ず原因があるはずです。


中学受験は詰めこみ教育?

もう一つ誤解されていることとして、「中学受験のような詰めこみ学習はよくない」という指摘があります。

しかしこれも一つの見方でしかありません。

特に中学受験における上位校の入試問題は単なる詰めこみ学習ではまったく太刀打ちできません。

歴史の年号や植物の名前、算数の公式などをただ覚えているだけでは通用しないのです。

むしろ経験したことがないような未知なる問題に対して持っている知識をどう活用するのか、そのために必要な論理的思考力や表現力が試されます。

これらは学習指導要領で言われている「生きる力」を支える重要な学力の要素としての「知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力」と一致する力です。

以前より中学受験ではそうした力を測る入試を行ってきました。

それにあわせて、スクールFCでも教材開発や指導法の研究などに時間をかけてきました。

だから子どもたちにとっても楽しく、教育的意義の高い授業になっているのではないかと思っています。


前のめりになって難問に取り組み、ひらめいた瞬間目を輝かせ、正解にたどりついて「やったー」と達成感でいっぱいになっている。

そんなふうに、机の前で真剣勝負をしているわが子を目の当たりにすれば、「かわいそう」なんて言葉は吹き飛んでいきます。

ぜひ、世間のイメージにとらわれず、考えることを楽しむわが子を応援してあげてください。




【おすすめ書籍】

🌼『中学受験 親のかかわり方大全』


【スクールFCとは?】

▶▶スクールFCの理念・実践はこちら



【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

松島 伸浩(まつしま のぶひろ)

松島 伸浩(まつしま のぶひろ)

1963年生まれ、群馬県みどり市出身。現在、スクールFC代表兼花まるグループ常務取締役。教員一家に育つも、私教育の世界に飛び込み、大手進学塾で経営幹部として活躍。36歳で自塾を立ち上げ、個人、組織の両面から、「社会に出てから必要とされる『生きる力』を受験学習を通して鍛える方法はないか」を模索する。その後、花まる学習会創立時からの旧知であった高濱正伸と再会し、花まるグループに入社。教務部長、事業部長を経て現職。のべ10,000件以上の受験相談や教育相談の実績は、保護者からの絶大な支持を得ている。現在も花まる学習会やスクールFCの現場で活躍中である。

Category

keyword