【Rinコラム】『本気で遊ぶ』2018年4月



いつも自分の頭で考えたいと思う子に育てるには、どんなことが大事なのでしょう。
なんでも「まずはやってみよう!絶対できるはずだ」と思えるような、その心の土台のようなものは、どうやって培うことができるのでしょう。
花まるでは、「遊び」だとしか子どもたちが感じられないように、授業を設計しています。
幼児期のうちに、「大好き」で、「楽しく」て、「もっとやりたい」と思える経験を積むことが大切なのです。
なぜなら脳は、「大好き」で、「繰り返したこと」だけが伸びていくものだからです。


子どもは、遊ぶ生きものです。とにかく本気で遊ぶのです。
思い出してみたら、みなさんが子どものころ、遊びに適当に付き合う大人に、「ちゃんとやって!」と怒ったことがあるかもしれません。
あるいは親になり、子どもからそう言われたことがあるかもしれません。


雪国スクールやサマースクールで、自然の中で本気で遊ぶ子どもたちを見ていると、疲れというものを知らないなと思います。
周到に用意された「遊び」の中で「遊ぶ」のではなく、何でもないところから、子どもたちが自ら「遊び」を見出していける時間があれば、彼らは夢中になり集中し、どんどんクリエイティブに「遊び」を発展させていきます。
真剣に遊ぶことは、楽しみに身を任せること。
遊び方に間違いなどないから、誰にも邪魔されずに新しい何かを失敗することも許されている。
自分で考える力を、体験をもって身につけていくことができるのです。
実際、人間が最高のパフォーマンスを発揮できる状態というのは、遊んでいるときです。
はたから見たら、ものすごく大変そうな仕事をしているように見えていても、どこかに「遊び」があるからこそ、人はその仕事に夢中になり、結果として最高の仕事を果たしていけるのです。


彼らが大きくなったときに、仕事や子育てなど、生活のすべてにおいて、生き生きと魅力的に暮らしていけるかどうかは、どんな仕事の中にも、「遊び」を見いだせるかどうかによるでしょう。
その力を育んであげるために、まずは私たち大人が、本気で「遊んで」生きている後ろ姿を、子どもたちに見せることが大事なのではないでしょうか。


2017年度もRinコラムを読んでいただきありがとうございました。来年度も引き続き、幼児教育を芸術家の視点で、切り取っていけたらと思います。
子育てはアートなのです。

井岡 由実(Rin)



▶その他のRinコラムはこちら


【ARTのとびら とは?】


2001年、花まる学習会がまだ小さな塾だったころ、教室で教える傍ら、児童精神科医の故稲垣卓先生とともに、不登校の子どもたちとその家族を支援する相談室Saliを立ち上げました。

家族でのカウンセリングのほか、絵画療法、遊戯療法、箱庭などを用いて子どもたちとセッションを続けます。

ただ聴くだけでなく、一緒に何かを作りながら、内なる対話を通して、子どもたちは疑似的に心の葛藤を体現していきました。描いたり創ったりすることが、彼らの内面を表現することを手助けし、確実に何かを浄化し続けているのだと気がついたのは、このときです。

「Atelier for KIDs」は、そんな想いから出発した、創作を通して自分を表現する、子どもたちに計り知れないパワーを与える創作ワークショップです。

RELLO 由実(Rin)

▶ARTのとびら の理念・実践はこちら




▶ARTのとびら公式サイトはこちら

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

2004年、花まる学習会取締役に就任。 2007年文京区根津にHanamaru Groupの芸術メセナとしてGallery OkarinaBを立ち上げ、同時に本格的な芸術活動をスタートする。 ロンドン、ベルリン、シンガポールなど海外で展示や、親子のための音楽(KARINBA)、語りのライブパフォーマンス(Rin-Bun)など、幼児教育とアートの交わるところを世の中に提示し続けている。 2009年~月1回子どもたちのための創作ワークショップ「Atelier for KIDs」をGallery OkarinaBにて開催。ワークショップ教室に参加する子どもたちや保護者から「りん先生」として親しまれている。 著書に「国語なぞぺ〜」(草思社) 高濱正伸/共著・他がある。 【ARTのとびら公式サイト】http://www.hanamarugroup.jp/art-edu/news.php

この内容で送信します。よろしいですか?