【Rinコラム】『ママはどうしたい?』2018年3月

何かを決めるときに最近本人に「どうしたい?」と聞きます。
すると、「ママはどうしたいの?」と問い返されます。
ママの理想に添いたいのかと思い、「あなたはどうしたいのか聞きたいの」と改めて聞くと、「わたしはママの気持ちを聞いてるの。ママはどうしたい?」
…幾度かそれを繰り返すうち、親の理想に添いたいとか、そんな気持ちじゃないとわかりました。
娘の中にいる小さなRin先生は、ちゃんと’尊重’と’丸投げ’を見抜いているんです。
6つの指針「あなた自身も、自分はどうしたい?に向き合い続けてください」…本当にその通りだと思いました。
この一年も色々と考えるきっかけをたくさんいただきました。
(2年生のお母さんより)

彼らのひらめきや、こだわりや、集中を止めない。

感じたことを伝え、共感し、「あなたはどうしたい?」という問いかけを、まるで彼らの前に立つ鏡のようになって見せてあげ、「そのままのあなたを表現してもいいのだよ」と、「自由」の意味を語り、「失敗はないんだよ」とユーモアで返答する…。

 

大人と子どもでもなく、先生と生徒でもなく、1表現者と1表現者として、ともに作品に向き合う。

子どもたちが、自分の価値や成長を自覚できる、1対1の対話の場を保ちつづける。

それが、私が創作の現場で大切にしていることです。

 

子どもたちは、スポーツでも音楽でも、学習でも遊びでも、熱中する何かを通して、自分自身と対話をしています。

それが当たり前になっているということは、将来のどんな局面でも、「では自分はどうありたいのか」をブラさずに考え続けることができる素地を持っているということです。

 

その軸こそが他の誰でもない、ユニークな「あなた自身」であり、他の誰かのために生きるのではない、あなたの人生を追求していく強さ(と優しさ)につながっていくはずなのです。

生きている限り、誰かを愛し、慈しみ、しあわせにすることができてこそ、本当の意味の豊かさを知ることになる。

 

子どもたちがその過程でどんなふうに道を描いていこうとも、すべて尊いものです。

 

お母さん、あなたの気持ちを、いつも正直に思い描いてください。

自分はどうしたいのか、に向き合う大人の姿は、子どもたちに勇気を与えるはずです。

自分と対話をすることは、本気で向き合うことの美しさ、自分を信じることの尊さを伝えることができるからです。
 

 

井岡 由実(Rin)

 

 

▶その他のRinコラムはこちら


【ARTのとびら とは?】

2001年、花まる学習会がまだ小さな塾だったころ、教室で教える傍ら、児童精神科医の故稲垣卓先生とともに、不登校の子どもたちとその家族を支援する相談室Saliを立ち上げました。

家族でのカウンセリングのほか、絵画療法、遊戯療法、箱庭などを用いて子どもたちとセッションを続けます。

ただ聴くだけでなく、一緒に何かを作りながら、内なる対話を通して、子どもたちは疑似的に心の葛藤を体現していきました。描いたり創ったりすることが、彼らの内面を表現することを手助けし、確実に何かを浄化し続けているのだと気がついたのは、このときです。

「Atelier for KIDs」は、そんな想いから出発した、創作を通して自分を表現する、子どもたちに計り知れないパワーを与える創作ワークショップです。

RELLO 由実(Rin)

▶ARTのとびら の理念・実践はこちら

 

 

▶ARTのとびら公式サイトはこちら

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

2004年、花まる学習会取締役に就任。 2007年文京区根津にHanamaru Groupの芸術メセナとしてGallery OkarinaBを立ち上げ、同時に本格的な芸術活動をスタートする。 ロンドン、ベルリン、シンガポールなど海外で展示や、親子のための音楽(KARINBA)、語りのライブパフォーマンス(Rin-Bun)など、幼児教育とアートの交わるところを世の中に提示し続けている。 2009年~月1回子どもたちのための創作ワークショップ「Atelier for KIDs」をGallery OkarinaBにて開催。ワークショップ教室に参加する子どもたちや保護者から「りん先生」として親しまれている。 著書に「国語なぞぺ〜」(草思社) 高濱正伸/共著・他がある。 【ARTのとびら公式サイト】http://www.hanamarugroup.jp/art-edu/news.php

この内容で送信します。よろしいですか?