音楽教育|きょうだいは要注意!? はじめての楽器の選び方


子どもに習わせる楽器を決めるとなると

「まだ小さいから、決められないわよね。親が決めてあげないと…」

と考えていませんか?

今回は、子どもの主体性を育て、長く続けられる楽器の選び方をご紹介します。


自分の好みを探す楽器選びのコツ

「楽器を習わせるからには、長く続けて欲しい。そのためにも、うちの子にはどの楽器が向いているのだろう?」

というお悩みをよく聞きます。

実は、これはわりと簡単に見極めることができます。

まずはその子が「やりたいな」と思った楽器の体験レッスンを、すべて受けてみましょう。

そうすると自然と子どものほうから、「この楽器やってみたい」という希望が出てきます。

楽器というのは普段触れることがなかなかありません。

まだ食べたことのないメニューを並べられても、何を食べたいのかわからないのと一緒。

それを一度味わうだけでも、自分の好みかどうかはすぐにわかるようになります。

大人はレッスンを受ける前から、この楽器はうちの子には向かないかも……と考えるのではなく、まずは体験させてあげましょう。

「音の森」でも、バイオリン、チェロ、ピアノと体験レッスンを受けて、「絶対チェロ!」とチェロを習い始めた子や、お母さんはピアノをしてほしかったけれど、体験したら「僕はバイオリンだ!」と言ってバイオリンを始めた子などがいます。

体験してみることで、ひとつひとつの楽器が鮮明に見えてくるのでしょう。


ピアノと弦楽器の特性

音楽の習い事でピアノが人気なのは、比較的すぐに音楽の楽しさを感じることができるからという理由もあるでしょう。

対して弦楽器は、弓を持って音程をそろえるだけで1~2年は練習が必要なので、始まってすぐにはきれいな音が出ません。

ですから、楽しさから入ることでやる気を出すタイプの子は、ピアノから始めるのが良い、と言えるかもしれません。

ピアノは音楽の土台。

音大では弦楽器の人も、ある程度まで弾けるように習いますし、音楽の素養としては幅が効きます。

弦楽器は大きくなってオーケストラや弦楽アンサンブルを楽しもうと思った時には、持ち運びが便利というメリットがあります。

さらに弦楽器で言うと、バイオリンのレッスンは立って行われるので、座っていたほうが落ち着く子は、チェロのほうが向いていると言えます。

体験レッスンを受けることで、そういったことを自然と感じとり、自分のやりたい楽器を選ぶことにつながっていくのでしょう。


きょうだいで同じ楽器を習うときの注意点

きょうだいで同じ楽器を同じ音楽教室で習うことについては、いくつかの注意が必要です。

送迎や金銭面の負担においてメリットがありますが、リスクもあります。

楽器のレッスンでは、きょうだい間でいらぬ優劣の差ができてしまうこともあります。

音楽は勉強と違って、この学年でやるべきことはこれ、と決まっているわけではないため、下の子が上の子よりも進んでしまう、ということも往々にして起きます。

下の子は上の子が叱られているのを見て育ちますから、基本的には要領がよく、上達しやすいというケースが多いのです。

すると下の子ばかりが褒められるのを見て、上の子のやる気がなくなってしまう……これは悪循環です。

またそもそもの始まりも、上の子は「これ習いなさい」とやらされ感で始まり、下の子は上の子が弾いている憧れで始める場合もあります。

これでは練習に向き合う気持ちの面でも差ができてしまいます。

きょうだいで同じ楽器を習わせる場合は、先生も親も決してお互いを比較しないことが大切です。

では、友達同士の場合はどうでしょうか?

友達同士であれば、家庭内で比較されるような場面はなく、そういった意味でのリスクは少なくなります。

発表会などで、子ども自身も親も、つい比べてしまうことはあるかもしれませんが、声かけ次第で、それはむしろ良い向上心につなげることもできます。

そして、友達同士で楽器を習う大きな醍醐味は、アンサンブルをすることができるという点です。同じレベルで友達と演奏することはとてもモチベーションがあがります。


まとめ

いろいろな楽器があり、それぞれの入り口の違いはあります。

しかし、どの楽器を選んでも最終的に練習の大変さはすべて同じです。

特に楽器のレッスンが他の習い事と違って特殊なところは、始めは親の手厚いサポートが必要だという点です。

だからこそ子どもがやりたい楽器を選び、少しでも主体的にできるよう、講師と二人三脚で続けられるよう考えていく必要があります。


「まだ小さいから分からない」と決めつけずに、体験から得られる「なんかこの楽器が好き!」をいう子どもの直感を信じてあげましょう。

この選び方は、音楽以外、スポーツなどの習い事にも応用できますね。

ぜひお試しください。



【花まるメソッド音の森とは?】

2014年に開校した「花まるメソッド音の森」。音楽理論、ソルフェージュ、海外の民謡、教会音楽、読譜、記譜、作曲を1時間半の授業の中で学ぶ年中・年長~小学生の集団授業と、独自のメソッドに基づいた一対一のレッスンの二つを柱に備えた音楽教室です。

単に音楽が好き、楽しいというだけにとどまらず、人を幸せにする感性を育て、生きるための能力を高める。つまり「人を幸せにできる大人」を育てるということが「音の森」の教育理念です。

花まる学習会の「メシが食える大人」を育てるという教育理念と同じく、社会に出た後のことを見据えています。

▶花まるメソッド音の森 理念・実践はこちら


【おすすめ書籍】

🌼『感性と知性を育てる音楽教育革命!』




笹森 壮大(ささもり そうた)

笹森 壮大(ささもり そうた)

1988 年東京生まれ。3 歳よりチェロを始める。 桐朋学園女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部に入学し、2008年よりフランスへ留学。 チェロを臼井洋治、倉田澄子、M・ミローネの各氏に師事。 帰国後、TV、ラジオ、舞台など様々な分野で活動を広げる。 幼児から大学生までを対象にチェロやオーケストラの指導を行う中で、 音楽教育の現状に問題意識を抱く。 2014年、花まる学習会にて、音楽教育部門「音の森」を立ち上げる。 「音楽を通して人を幸せにできる人」の育成を目指す。

Category

keyword