子どもが大きく成長するきっかけになる!「通過儀礼」を用意しよう

 

「え…乗るの?」不安そうにジェットコースターを見上げる、よく言えば慎重、悪く言えば臆病なわが子。

少しでも強くなってほしくて誘ってみたものの、これぐらいのことでは何も変わらないか…。

いいえ、勇気をふり絞って挑戦したとき、子どもは大きく成長します。

 

通過儀礼=乗り越えなければいけない課題

子どもは、乗り越えなければいけない課題を克服したとき、またひとつ大きく成長します。

花まる学習会が毎年行っているサマースクールには、「川遊びの時間に、堰堤から飛び込む」というプログラムをおこなうコースがあります。

とても勇気がいるもので、ためらう子どもも少なくありませんが、この飛び込みは子どもたちの通過儀礼として、とても大事なことだと捉えています。

小学校1、2年生の子どもが2メートルくらいの高さから飛び込めたら、何かがもう違うのです。

それはもう、現場で見ていて「何かが変わった」としか言えないようなものです。

迎えに来た親が見ても「あ、この子、成長したな」と言うしかないような“強い目”で帰ってきます。

 

ものすごい達成感が子どもを変える

“強い目”の理由はどういうことかというと、子どもなりに「できるか、できないか」を自分の心のなかで葛藤しているわけです。

自分で自分を試すとでもいうのでしょうか。ケガをすることはないとわかっていても、子どもにとって飛び込みは怖いものです。

そしてそれができたとき、ものすごい達成感を味わいます。

やる気、頑張り精神とでもいうようなものがグーンと上がるのでしょう。

 

子どもにあった通過儀礼を用意してあげよう

もちろん、こうした通過儀礼は必ずしも「飛び込み」でなくてもかまいません。

飛び込みがわかりやすいのは、純粋に勇気だけを問うものだからです。

通過儀礼のようなものを自分で乗り越えると、“何か人生が無条件に楽しくなっちゃった”…そういう感覚を持つようになります。

大がかりなものでなくていいのです。

 

お父さんと一緒にどこか出かけたときにでも、通過儀礼に挑戦してみてはいかがでしょうか。

虫は苦手な子だったら、お父さんと一緒に昆虫採集に挑戦するのもいいですね。

意外と身近なところに通過儀礼があるかもしれませんよ。

一回り成長したわが子の姿を見るのが楽しみですね。

 

 


【おすすめ書籍】

🌼『伸び続ける子が育つお母さんの習慣』

 


【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

この内容で送信します。よろしいですか?