3年生・男の子|カンニングするより自分で考えた方がずっと楽しい!


「なぞぺー」(まるでなぞなぞのような、楽しく思考力を鍛えるペーパー教材)の時間。

3年生のOくんが、そわそわと周りの様子を気にしていた。 

早く終わらせる子が気になってチラチラ見ているようなので、そばに行って一言。 

「大丈夫。時間はあるから、しっかり楽しんで!」 

Oくんははにかみながらも笑顔になり、問題と向き合い始めた。 


その後、しばらくしてまた周りを見始める。  

なかなか正解できないので、焦っているようだ。 

大丈夫、と心でつぶやきながら、背中をポンとたたいた。 


すぐに、周りを見なくなったわけではない。 

「できた!」の合図を受け取り花まるをつけに駆け寄るが、どうやら前の席にいる子の答えを書いた様子。

しかも、間違っていた。 


ここで、少し寄り添うことにした。 

Oくんと2人だけの時間。

自分の力で正解にたどり着いてほしいという想いを込めて、ポイントだけを短い言葉で伝える。 

すると、Oくんは何かひらめいたようで目を見開き、スラスラと問題を解いていった。 


少し経つと、Oくんからの「できた!」の合図。

見違えるほど自信に満ちた声が聞こえてきたのでテキストを覗き込むと、 そこにはOくんが何度も考えた跡があった。


みごと、全部正解。 

思いっきりほめると、Oくんが一言。 


「自分でやった方がイイや!」 
  
その言葉を待っていた。

自分で「できた!」をつかみ取る心地よさを知ったOくんは、もうズルをしようとは思わないだろう。

今回の花まる教室で、ナンバーワンの言葉だった。 


~教室スケッチより~


【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

花まる教室長

花まる教室長

日々、現場で子どもたちと向き合い、寄り添い続けている教室長たち。「勉強って、楽しいな!」の伝道師であり、お母さんと子どもたちとの橋渡しのような存在。子どもたちを見ているからこそ語れる「事例」をたっぷりご紹介します。

Category

keyword