【読む子育て相談室Vol.6】未就学児を育てるお母さんのお悩みを解決します!

高濱さん、真剣なお話があります。

清田 奈甫(きよた なお)

お母さんのお悩み解決に命を懸ける女。花まる学習会 広報部メンバーの1人。『花まるアンケート&高濱先生の子育て相談室』でいただいた皆さんのお悩みを高濱に届け、アプリラジオ番組『ちょっときいてよ高濱先生!』講演会などで高濱の返答を届けている。そのしくみをWeb記事でも実現したい!と奮闘中。


今、花まるの未来を変えるかもしれない新プロジェクトを実現させるべく、高濱さんに直談判しているところです…(どうか、「いいね!」で応援してください!!)

…!!!? (何だ、なんだ?)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。算数オリンピック委員会理事。保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30,000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。2016年7月からニュース共有サービス「NewsPicks」のプロピッカー

お母さんにとっては、子どもが生まれた瞬間から子育てが始まっています。でも花まる学習会の教室は、年中クラスからしかありません。

…そうだね。(意味深だな…。でも、打ち合わせ前なのにさっきこっそり餃子を食べたのがバレたんじゃなくてよかったよかった。)

自分でできることがぐんと増える年中のまでの時期は、子どもが自分の気持ちを上手に伝えることができなかったり、お母さんを振り向かせようとあの手この手で甘えたり…。
目まぐるしい毎日のなかで「自分の子育て、あっているかしら?」「この行動にはホトホト困る! 一体どう接したらいいの?」と子育てに関する迷いや悩みを抱えているお母さんが多いと思うのです。
そんなお母さんに乳児期だからこそ大切にしてほしい花まるメソッドを伝えることができたら…!
お母さんの子育てがもっと楽に、前向きになって、子どもたちが成功体験をたっぷり積むことができるようになると思うのです。

おぉ!いいねぇ〜!
家族の愛情をたっぷり浴びて色々なことに挑戦してきた子は、年中クラスでも大活躍しているからね。
花まるの教室で会うまでの時期の子育てについても、お悩み相談に答えたり、子育てのヒントを伝えたりしていきたいね!

ありがとうございます!(おっ! いいぞいいぞ…!!)
実は、先日埼玉で開催した高濱さんの講演会に来てくださった方々に、有志でアンケートにご協力いただきました。結果を見てください!

なんと! 見てみよう! (ちゃっかりアンケートも終わっているのか…!!)


未就学児を育てるママの「子育ての悩み」とは?

 講演会に来てくださったお母さんがアンケートにご協力くださり、なんと約100件もの回答が集まりました!

ありがたいね! お母さんたちの”ナマの声”を知って、お悩み相談の回答にも生かしていきたいね。

いただいた回答の中から、0〜6歳の子どもを育てるお母さんの回答を抜き出してみました。


調査実施日:2017年11月24日 高濱正伸講演会「算数脳の育て方」(埼玉開催)

調査対象:高濱正伸講演会でアンケートにご協力くださった方のうち、未就学児(0〜6歳)の子どもをもつ母親

回答数: 46名

男女比:全員女性


Q. 1 あなたの子育てを助けてくれる人は、次のうち誰ですか? (複数選択可)

両親 義両親 夫または妻 兄弟姉妹 義兄弟姉妹 親戚 友人 お子さまの兄弟姉妹 いない


子育てに協力してくれる身近な人は、夫と両親が多いようですね。
パートナー以外にはなかなか子育てを手伝ってくれる人がいない、というお母さんも多いかもしれません…。

現代社会の問題点の一つでもあるよね。
気軽に相談したり、子育てについて語り合ったりする人が身近にあまりいないから、お母さんが安心できる場が減っているんだよなぁ。

教室でうかがうお母さんの悩みにも「こういう悩み、うちの子だけですか?」「皆さんどのようにされているのでしょう?」という内容が多いです。子どもが園や学校に通わない時期は特に、たくさんの子育て情報がほしいですよね。

この部分、この『読む子育て相談室』シリーズで解決していけたらいいよね。

はい! (そうです! そうです! まさにそれをしたいのです…!)


Q.2  Q1でお答えいただいた方のサポートは十分だと感じていますか。もっとも当てはまる番号をお選びください。

5:十分にに足りている 4:足りている 3:どちらでもない 2:やや足りない 1:足りない


足りている、と感じている人が半数以上を占めました。

なるほど…興味深いなぁ。子育てを実際に手伝ってくれる人よりも、アドバイスをくれる人の方が求められているかもしれないよね。

働くお母さんも多い時代だから、園や習い事のサービスも充実していますもんね。

Q.3 自分の時間をつくることができていますか?

5:十分に作れている 4:作れている 3:どちらでもない 2:やや作れていない 1:作れていない

Q.4 お子さまとの時間を十分にとることができていますか?

5:十分にとれている 4:とれている 3:どちらでもない 2:あまりとれていない 1:とれていない

自分の時間や子どもとの時間をつくれていると感じている人は半数以上です。

乳児期の子ども時代にお母さんの愛情をたっぷり受け取れる環境を整えることができているということか。現代社会でも子どものために頑張るお母さんあってこその結果だね。

Q.4 子育てについて「今困っていること」を教えてください

たくさんいただいたご意見をまとめてみました!



▼子育ての方針

・夫にもっと子育ての重要性を感じてほしい!
・子育てについて、祖父母と父親が「ことなかれ主義」「除菌主義」で育てることにこだわり、反対意見を言う母親の私が孤立していること

▼お母さん自身のこと

・「ママはいつも怒っている」と思われてしまい、心から通じ合えない
・母親の私が口うるさいこと
・家事と育児の両立ができないこと。自分の具合が悪いときの家事が大変…
・どうしたら子どもをうまく伸ばしてあげられるのかわからない
・どうしても上の子に厳しく当たってしまう
・子育てのNGワードをすぐに使ってしまう

▼孤独を感じる

・近くに親類がいないので、一切助けを得られない
・保育園が足りず、入れるか不安。一人ではやりぬけない…
・仕事をしているため、夏休みや冬休みなどの長期休みに預けるところがない

▼子どもの習い事について

・勉強とあそび・スポーツのバランス
・私も子どもも時間が足りず、やりたいことをやらせてあげられない

▼子どものモジモジが気になる

・家ではよくしゃべり大騒ぎなのに一歩外に出ると全く話せなくなってしまう
・人の前に出るとモジモジで、ママのうしろに隠れたり挨拶ができない

▼きょうだいの悩み

・3人目がほしいが諦めていること
・4人子どもがいて、皆に手が回らないこと
・子ども同士のケンカが激しくなってきた
・上の子の習い事を、下の子がうらやましがって困る

▼友だちの影響

・子どもが幼稚園で下品なことばを覚えてくる
・園で友だちと仲良くできているか、心配
​​​​​​​


なるほど…! 勉強に集中できない、宿題をやれない、いじめが気になる、みたいな学齢期特有の悩みはあまりないが、お母さん自身の”お母さんとしての在り方”に悩んだり、「私の子育てはあっているのか?」と不安になったりする。乳児期のお母さんだからこその悩みだね。

はい…! でも、この時期だからこそできることも、楽しめることも、たくさんある。子どもたちを前に不安を抱えながらも日々前を向いて進んでいるお母さんたちに、心がやわらかくなって自信をもって子育てにまい進できるヒントを渡したいですね…!

いいねぇ~! 連載でやっていこうよ!

お母さん、お待たせしました!

これから未就学児を育てるお母さんたちだからこそ抱えるお悩みにも、どんどん答えていきます! お母さんが笑顔になって、子どもが思いっきり学び成長できるように。

ぜひ楽しみにしていてくださいね!


第7回も、どうぞお楽しみに!


【バックナンバー】

第1回:【読む子育て相談室】高濱が、保護者の皆さんの子育ての悩みに答えます!

第2回:【読む子育て相談室Vol.2】姉の生活に弟が振り回されています…!

第3回:【読む子育て相談室Vol.3】うちの子、「やる気」がありません!

第4回:【読む子育て相談室Vol.4】子どもの自信を育む2つのコツを伝授!

第5回:【読む子育て相談室Vol.5】汐見先生特別対談|力のある大人に育つ秘訣


▶アプリラジオ『勢太郎の海賊ラジオ』で保護者の皆さんのお悩みに回答中!

ほっこり&面白エピソード紹介など、 様々な企画を行っていく予定です。
ラジオ投稿も募集中!高濱ボイスで回答がほしい人はぜひ投稿してみましょう!


▶『高濱先生の子育て相談室』への投稿はこちら

皆さんのお悩みを、高濱に届けます!


清田 奈甫(きよた なお)

清田 奈甫(きよた なお)

花まる学習会 広報部メンバーの1人。Webページやメルマガなどで、皆さまに様々な情報をお届けしている。

Category

keyword