【Rinコラム】『終わり方を大切に』2018年1月


幼児期の子どもたちにとって、ものごとの終わり方はとても大事です。

今を生きている彼らにとって、直前の出来事の印象が、その出来事全体を決めるしめくくりとなるのです。


どんなに失敗しちゃったな、という出来事の後にも「よかったね」で終わらせることの大切さについては、以前お話しましたが、このことをもう少し深めて考えてみましょう。


例えば靴紐のちょうちょ結び。

「最初は一緒にやろう、ほら、後はひっぱるだけ、自分でやる?」

と、最後の仕上げを子ども自身の手で終わらせるのと、最初の部分だけ自分でやって、難所を誰かオトナにやって完成してもらうのと、どういう違いが生じるでしょう。

大人から見たらほんのわずかな差ですが、まったく違う印象を子どもの心に残します。


世界は用意されているのではなく、誰かに完成してもらうのでもなく、自分の手で創っていく、という原体験。

自分の内から湧いてくるものにより敏感になって、その力を発揮したいと思う力は、世界と積極的にかかわる姿勢そのものです。


「じゃあやって」とすぐに手を放し遠くを見つめ、「いつも勝手に完成させられるはずのもの」をただ待とうとする子、無言でかたくなに体をこわばらせ関わりを断固拒否する子、(聞いてみよう。でも本当は自分でやりたいんだ)という目で見上げる子。

 
「一緒に考えようか」と声をかけたときに、私はその子の反応を全身で感じます。

そして、どの子も最後は自分の手でやったと思えるかどうかを大切に、ことばをかけるのです。


「ぼくじゃない。全部お母さんがやったんだ」
進学校に通っていた彼のその言葉が、今も忘れられません。

15年以上も前、児童精神科医とともに不登校の子どもたちとその家族に向き合っていたころのことです

たとえ表彰されるような出来事でも、彼の自信にはなっていなかった。

自分の手でやりきったという体験を奪われていたのです。そのことへの長年の憤りは、思春期にとうとう爆発した。

それは彼の、自分の人生を生きたいという強い願いでもあったのでしょう。


2017年もコラムにお付き合いいただきありがとうございました。

引き続き来年も幼児教育×ARTの交わるところを皆様に発信していきます。

楽しい年末年始をお迎えくださいね。

※本コラムは、『花まるだより1月号』(会員向け・12月末配付)に掲載したものです


井岡 由実(Rin)



▶その他のRinコラムはこちら


【ARTのとびら とは?】

2001年、花まる学習会がまだ小さな塾だったころ、教室で教える傍ら、児童精神科医の故稲垣卓先生とともに、不登校の子どもたちとその家族を支援する相談室Saliを立ち上げました。

家族でのカウンセリングのほか、絵画療法、遊戯療法、箱庭などを用いて子どもたちとセッションを続けます。

ただ聴くだけでなく、一緒に何かを作りながら、内なる対話を通して、子どもたちは疑似的に心の葛藤を体現していきました。描いたり創ったりすることが、彼らの内面を表現することを手助けし、確実に何かを浄化し続けているのだと気がついたのは、このときです。

「Atelier for KIDs」は、そんな想いから出発した、創作を通して自分を表現する、子どもたちに計り知れないパワーを与える創作ワークショップです。

RELLO 由実(Rin)

▶ARTのとびら の理念・実践はこちら



▶ARTのとびら公式サイトはこちら

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

Rin 井岡 由実(いおか ゆみ)

2004年、花まる学習会取締役に就任。 2007年文京区根津にHanamaru Groupの芸術メセナとしてGallery OkarinaBを立ち上げ、同時に本格的な芸術活動をスタートする。 ロンドン、ベルリン、シンガポールなど海外で展示や、親子のための音楽(KARINBA)、語りのライブパフォーマンス(Rin-Bun)など、幼児教育とアートの交わるところを世の中に提示し続けている。 2009年~月1回子どもたちのための創作ワークショップ「Atelier for KIDs」をGallery OkarinaBにて開催。ワークショップ教室に参加する子どもたちや保護者から「りん先生」として親しまれている。 著書に「国語なぞぺ〜」(草思社) 高濱正伸/共著・他がある。 【ARTのとびら公式サイト】http://www.hanamarugroup.jp/art-edu/news.php

Category

keyword