低学年|男の子はやせ我慢して強くなる。いつでも一番を目指して


教室に最初にやってきた、1年生のSくん。

「ぼく、いちばーん!」と嬉しそう。

 

次に、普段は一番乗りでやってくることが多い1年生のOくんが来た。

Oくんも教室に入るやいなや「おれ、いちばーん!」と嬉しそうにしている。

また、その後に来る子みんなに「おれ、今日一番だったよ!」と自慢している。

 

だが、本当はSくんが一番乗り。

早く来ること競争をしているわけではないが、男の子にとって順番は死活問題。

Sくんが嬉しそうに、Oくんに言う。

「今日は、ぼくが一番だよ!」

そこに、Oくんが一言。

「負けるが勝ちだから!」

これにはOくんに軍配が上がった。

  

やせ我慢にやせ我慢を重ねて、男の子は強くなる。



~教室スケッチより~



【花まる学習会とは?】

▶▶花まる学習会の理念・実践はこちら


【花まるSTORYの記事を、メルマガでお届けします!】

授業の様子・内容を写真付きでお伝えしたり、最新のイベント・新刊情報をお届けしたりと、読み応えのあるマガジン。毎月末にお届けいたします。『花まるSTORY』の記事も多数掲載!

イベントや講演会に直接お申し込みいただくことも可能です。


▶▶過去のメールマガジン(バックナンバー)はこちら!

▶▶無料で受信する!

花まる教室長

花まる教室長

日々、現場で子どもたちと向き合い、寄り添い続けている教室長たち。「勉強って、楽しいな!」の伝道師であり、お母さんと子どもたちとの橋渡しのような存在。子どもたちを見ているからこそ語れる「事例」をたっぷりご紹介します。

Category

keyword