子どもの作文力が伸びるかどうかは親次第?!気をつけるべき親の関わり方

原稿用紙とにらめっこしているわが子。

握り締めている鉛筆は微動だにしない。

「なんか書くこと無いの?」

「ないよー。もう、作文嫌い!」

ついには鉛筆を放り出してしまった…。


このように、作文に苦手意識をもってしまっているお子さんは多いですよね。

今回は、子どもの作文力を伸ばす親の関わり方をご紹介します。


親が言えば言うほどやりたくなくなる

国語力を伸ばすのに欠かせない作文は、子どもの好き・嫌いが大きく分かれる分野です。

「子どもが作文嫌いで…」

というお悩みを親御さんからよく聞きますが、実は子どもの作文力を伸ばすのも、伸ばさないのも、親の行動次第。

よく作文を書くときに、親は

「好きなことを書いてごらん」

と言いますが、いざ子どもが書いてみると、

「もっとおもしろいことがあったでしょう?」

と内容にケチをつけたり、ダメ出しをしたりします。

すると、子どもは「作文なんてつまらない」と感じ、嫌いになってしまうことが多いのです。

そもそも作文は、自分の感じたことを文章で表すためのもの。

親の目を気にして書いた文章になるはずがありません。


子どもの作文力を伸ばすために

すべきこと、気をつけることをそれぞれ5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


作文力アップのために! 親がすべきこと5つ

1:好きなように書かせる

低学年のうちは、とにかく好きなように書かせる。書きたいことを書くことが作文であることを伝えてあげれば、作文が好きな子になります。


2:口頭で引き出す

「書くことがない」という子には、会話を通じて引き出してあげるのがおすすめ。特にそのとき、自分はどんな気持ちだったかを聞いてあげましょう。


3:正しい言葉を教える

人に読ませることが目的である作文は、正しい言葉で書くことも大事。そのためには、日頃から、家庭で正しい会話を心がけましょう。


4:豊かな会話をする

さらに、魅力的な作文を書くには、擬態語や比喩などの表現法を取り入れると効果的。日常会話でも豊かな比喩表現を使いたいものです。


5:日記を書かせる

作文上達の第一歩は書き慣れること。それには、1日に数行でもいいから日記を書かせるのがおすすめ。自分の気持ちと向き合えるようにもなります。


作文力アップのために! 親が気をつけること5つ

1:内容に文句を言わない

低学年の子どもは、自分の興味があることしか書けず、何度も同じことを書きますが、この時期は「書くことは楽しい」と思わせることが大事。


2:親が言葉を先取りしない

筆が進まない子どもに、口頭で引き出すのはいいです、「あのとき、ああしたじゃない」「それから…」と子どもの言葉を先取りするのはNG。


3:人と比較しない

作文力は読書の量やいろいろな体験をすることによって伸びます。小学生のうちは、子どもの発達や男女差もあるので人と比較しないようにしましょう。


4:負の気持ちを否定しない

作文を書く目的は、自分の気持ちに向き合うこと。「○○はつまらなかった」といったネガティブな内容でも、子どもの気持ちを大事にしましょう。


5:大人の尺度で評価しない

大人から見た良い作文を要求してしまうと、「いい作文」を書くことがよいことと思い、自分の気持ちを言葉で表現できなくなってしまいます。


最後に

いかがでしょうか?

NG行動をついやってしまっていたお母さんも、今後は「親がすべきこと」を心がけて関わってみてください。

まずは作文が「好き」という気持ちを育ててあげることが大切。

どんな内容でも、長くても、短くても、子どもの気持ちが生き生きと文章の中で輝いていれば、それは素敵な作文になりますよ。




【おすすめ書籍】

🌼『高濱正伸の、絶対失敗しない子育て塾 (AERA Kids Book) 』



高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

高濱 正伸(たかはま まさのぶ)

花まる学習会代表・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。1995年には、小学校4年生から中学3年生を対象とした進学塾「スクールFC」を設立。チラシなし、口コミだけで、母親たちが場所探しから会員集めまでしてくれる形で広がり、当初20名だった会員数は、23年目で20000人を超す。また、同会が主催する野外体験企画であるサマースクールや雪国スクールは大変好評で、延べ50000人を引率した実績がある。 各地で精力的に行っている、保護者などを対象にした講演会の参加者は年間30000人を超え、毎回キャンセル待ちが出るほど盛況。なかには“追っかけママ”もいるほどの人気ぶり。

Category

keyword