【年長・男の子】Oくんが迷路を”一瞬でゴール”できるようになったワケ

「ぼくね、めいろのてんさいなんだ!」 
というOくん。 
  
Oくんは、スタートからゴールまで一瞬で鉛筆を動かし、いつも早業でゴールしている。 

それには、ちょっとした秘密がある。 
Oくんは、じっと迷路を見つめ、ゴールにつながる道を目で追って探しているのだ。 
見つけるまで微動だにせず、迷路上を目で行ったり来たり。 


「!」

「みえた!」 
その瞬間、パッと笑顔になって鉛筆を動かし、一直線でゴールに向かう。 


「ほらね、ぼく、めいろのてんさいだよ~!」 


そんなOくんは、ものを数え上げるときでも手を動かさずにじっと見つめ、頭のなかで数えるようになった。

たとえば、さまざまな動物が書かれた絵を見つめ、うさぎだけの数をかぞえる。

じっと見つめて

「わかった! 8ぴきだ!」

そう推理してから、指で「1ぴき、2ひき…」と確かめる。

「ほら~! やったね、やっぱり8ぴき~!」


見ようとしているからこそ、見えるまで集中してやりぬくからこそ、見えてくるもの。

様々な直線・線分の中から必要な補助線を見つけるように、そこに無い線が浮かび上がって見えるように、”見える力”はこういった見ようとする経験によって高まっていく。

Oくんの「○○のてんさい」はこれからもどんどん広がっていきそうだ。


~教室スケッチより~

花まる教室長

花まる教室長

日々、現場で子どもたちと向き合い、寄り添い続けている教室長たち。「勉強って、楽しいな!」の伝道師であり、お母さんと子どもたちとの橋渡しのような存在。子どもたちを見ているからこそ語れる「事例」をたっぷりご紹介します。

Category

keyword