年中

4/21ページ

1月睦月|部位によって味わいが変わる楽しい野菜

 寒い季節に出番の多いメニュー、鍋料理。準備が簡単なうえに、野菜がたっぷりとれ、いろいろな素材を食べられるので栄養的にもとてもいいですよね。わが家では、困ったときの鍋料理です。  鍋料理に必ずと言ってもいいくらい登場するのが白菜ではないでし […]

【花まる教室長コラム】『自分の心と向き合う時間』坂口徹 2019年11月

 先日、小学生クラスで作文コンテストを行いました。普段は十分ほどで一枚を書くのですが、この日は一時間かけて作文を書きます。  作文を書くとき、子どもたちにいつも伝えていることがあります。それは、自由に書くことが大切ということ。嬉しかったこと […]

【西郡コラム】『西郡学習道場は、学習の道を究めるところ』 2021年12月

 以前、夏の勉強合宿に私も参加していた。課題に向き合えない、テキストを眺めているだけ、手を動かさない、こういった生徒が数名いたので一堂に集め、私が担当した。「始めよう」「さあ、やろう」「わからないところがあるか」等々、生徒に声をかけても返事 […]

【花まる教室長コラム】『親友のつくりかた』北澤優太 2019年10月

 今年の夏も、たくさんの出会いがありました。 2年生の女の子Aちゃん。2日目の夜、みんなと離れた場所でシクシクと泣いていました。聞くと、一緒に過ごしている班の仲間と上手くいかないことがあった様子。何気ない一言で喧嘩になったり、班の中にグルー […]

【花まるリビング⑧】『エネルギーがぶつかり合う、きょうだいげんか』勝谷里美 2021年12月

 花まる教室長時代、きょうだいげんかのご相談をよく受けていました。かくいうわが家も…7才娘と5才息子が、ことあるごとにぶつかる毎日です。 「自分が、おねえちゃんより先に、玄関から出たい!」と大泣きする弟。 「Aが、ねぇねの、おもちゃを勝手に […]

【花まる教室長コラム】『男の子よりも強くなりたい。』太田優美 2019年9月

 あっという間に過ぎ去っていった夏休み。今年もサマースクールに参加してまいりました!コースは、サムライの国。太ももには紙風船をつけ、手にはスポンジでできた刀を持ち、軍に分かれて戦います。紙風船が割られてしまうと負け。つまり、紙風船は“命”で […]

【花まる教室長コラム】『真心』高橋大輔 2019年7月

 人は「言葉」の中で生きています。特に、子どもたちは私たち大人以上に言葉に敏感です。その「言葉」とは、口に出す言葉だけでなく、文字として残る言葉もあります。きれいな言葉、汚い言葉、優しい言葉、厳しい言葉、…込められる意図や想いは様々ですが、 […]

【花まる教室長コラム】『最幸のクリスマスプレゼント』船水萌 2021年12月

 「自分はこんなにも応援されている」と気づいたとき、人は何倍も強くなれる。私がそう信じるようになったきっかけを綴ります。  私は高校2年生と3年生の時期をニュージーランドで過ごしました。そこでの失敗体験や成功体験は、自分を大きく成長させたこ […]

【花まる教室長コラム】『悔しさをバネに』永見真里佐 2019年6月

 サマースクール「サムライの国」は、1年生から6年生までの子どもたちがチームを作りサムライ合戦(刀を持って相手の腰についている風船を割っていくスポーツチャンバラのようなゲーム)を行うコースです。勝った高揚感や負けた悔しさなど、様々な感情が子 […]

1 4 21